Blank-Blanca[ブランクブランカ]

作者 奥山柚惟

過去と向き合い、どう生きるか。

  • ★★★ Excellent!!!

登場人物それぞれが重く悲しい過去と向き合い、仲間の支えで前を向き、自分の生き方を見つけていく。
得てして重たくなりがちなテーマを、軽妙な会話とメリハリのついた展開でまとめあげて、非常に爽快な読後感を与えてくれます。
胸にグッサリ刺さるのに、刺したあとはしっかり絆創膏を貼ってくれる。そんな作品です。
また、滅茶苦茶強い主人公がただ単に俺TUEEEEしないのも本作の魅力の一つ。
力への葛藤や、不殺がテーマになっていて、これも書くの難しいのに凄いなと思います。
執筆難度が相当高いはずですが、読んでる間はそういう小難しさは感じません。テーマは重めですが、しっかり明示されているので、混乱する事もなく、サクサク読めて尚且つ面白いです。
涙腺緩むので注意。というより、緩ませたい方にオススメです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

N岡さんの他のおすすめレビュー 612