花火と同じ距離

作者

えっ、そこで告白?2人の距離の目測を誤ってます★気付くのが遅過ぎっ♡

  • ★★★ Excellent!!!

前の方の新着レビューを、タイミング良く拝見いたしまして。

『ゆきちゃん』、『魔法』というキーワードに、自分の名前を呼ばれたのかと勘違いしてしまいました。

幼馴染みの男の子と女の子が、男の子の家のベランダからアイス🍨を食べながら花火大会の花火🎆を見るというリア充物語です♡

にも関わらず、男の子(達哉君)の方は、女の子(有希ちゃん、良い名前♪)が別の男子と仲良くなったと勘違いして、うじうじうじうじ★

それが突如、何を思ったか告白してしまうのです☆

それに対して有希ちゃんは……?

30万km/sVS約340m/s=誤差3秒≒約900m

光と音の時間差を、2人の距離になぞらえた描写は美し過ぎます。
そして冒頭で紹介した有希ちゃんの魔法の言葉は、時空を超えて……!?

ちくしょう、リア充どもめ、爆発しろっ💣
イオナズ〜ン!

作者様☆
素晴らしい、そして最後は、幻想的なまでに美しい描写でした。でも……。

脳裏に繰り広げられる光景が、悪い魔女には眩し過ぎます、目に毒だ☆

なので、これにて失敬★

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

魔女っ子★ゆきちゃんさんの他のおすすめレビュー 173