紫の子

作者 南雲 皋

35

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

綺麗な文章で読み手に情景を想起させる言い回しは読んでいてい気持ちのいいものでした。

地の文が多めなのは、会話でなく周りの状況や感情で事態を描こうとしている作者様の意図なのでしょうか、見事にハマってしまいました。

未だ未だ先が長そうな物語ですので、先が気になります。

★★★ Excellent!!!

静かな文体と丁寧な描写でつづられる、どこか童話や絵本のような雰囲気を醸しだしているファンタジー。

魔法という存在が物語の主軸をしめながらも、きらびやかさよりも仄暗さを感じさせる雰囲気が、カクヨム内の他の多くのファンタジーものにはない味をだしている。

また、火葬人という職業や魔法の使い方からも他の作品にはない、オリジナリティが感じられました。