紫の子

作者 南雲 皋

綺麗な文章で薄ぼんやりとした世界を巧く表現できています。

  • ★★★ Excellent!!!

綺麗な文章で読み手に情景を想起させる言い回しは読んでいてい気持ちのいいものでした。

地の文が多めなのは、会話でなく周りの状況や感情で事態を描こうとしている作者様の意図なのでしょうか、見事にハマってしまいました。

未だ未だ先が長そうな物語ですので、先が気になります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

mossanさんの他のおすすめレビュー 53