紫の子

作者 南雲 皋

吸引力の衰えない魅力的な描写力

  • ★★★ Excellent!!!

一般的なラノベとは一線を画す作品。
もちろん良い意味で、です。

本作は主人公イルルクの成長物語でもあるわけですが、それがまた実に波乱に満ちたもので、少しずつそれが解き明かされていく様が心地よいのでありました。

また、会話文「」の使用が極力抑えられており、地の文でぐいと引き込んで想像力を働かせて読ませるスタイルの作品と感じました。
かといってテンポが損なわれるわけでもなく。

具体的なネタバレは控えますが、イルルクは凄い奴です。
もう末永く爆発してください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

あらかわさんさんの他のおすすめレビュー 4