知らぬ間に魔王に転生した僕は

作者 ゆずっこ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全130話

更新

  1. 1.見たことない天井
  2. 2.朝食
  3. 3.悲惨な報告
  4. 4.静かな会議
  5. 5.城下町
  6. 6.告白
  7. 7.腐った大臣
  8. 8.昨日と同じ天井
  9. 9.城下町の朝
  10. 10.部隊の再編
  11. 11.作戦決定
  12. 12.訓練所
  13. 13.老ドラゴンの心配
  14. 14.人間の進軍
  15. 15.出撃
  16. 16.悪い予感
  17. 17.勝利の雄叫び
  18. 18.表情
  19. 19.不安の種
  20. 20.すっかり見慣れた天井
  21. 21.ヴァンパイア
  22. 22.明るくなった城下町
  23. 23.老ドラゴンの同行
  24. 24.いざ、ヴァンパイアの元へ
  25. 25.フーガ村の人間
  26. 26.帰還
  27. 27.人間の治療
  28. 28.名前
  29. 29.決断
  30. 30.美味い飯
  31. 31.勇者の出現
  32. 32.影
  33. 33.酷暑
  34. 34.デグリア山
  35. 35.説得
  36. 36.ヴァンパイア飯
  37. 37.壊滅
  38. 38.戦闘開始
  39. 39.光魔法
  40. 40.圧倒的な差
  41. 41.首
  42. 42.正体
  43. 43.弱点
  44. 44.狂気
  45. 45.無茶
  46. 46.戦いの終わり
  47. 47.いつもの天井
  48. 48.久々の日常
  49. 49.地下牢にて
  50. 50.戴冠式(前編)
  51. 51.戴冠式(後編)
  52. 52.隼人とハヤタ
  53. 53.双極の女神
  54. 54.危機、そして再開
  55. 55.自責の念
  56. 56.護衛
  57. 57.三人だけの作戦会議
  58. 58.おいてけぼり
  59. 59.“らしさ”
  60. 60.魔人
  61. 61.艝と船
  62. 62.地獄の使者
  63. 63.偽りと真実 絶望と希望
  64. 64.光明が差す
  65. 65.魔の手
  66. 66.繭
  67. 67.脅し
  68. 68.犯人と容疑者
  69. 69.異形なる者達
  70. 70.天佑
  71. 71.衝撃
  72. 72.お詫びとお願いについて
  73. 73.魔法の正体
  74. 74.戦闘狂
  75. 75.善戦?
  76. 76.I'm willing to take that chance.
  77. 77.塵
  78. 78.護りたいもののために僕らのするべきこと
  79. 79.血の味
  80. 80.それぞれの思惑
  81. 81.不安との戦い
  82. 82.要らないもの
  83. 83.無
  84. 84.信
  85. 85.性根
  86. 86.痛
  87. 87.最後
  88. 88.散り行く花
  89. 89.危機感
  90. 90.闇からの解放
  91. 91.甘くて辛くて、少ししょっぱくて
  92. 92.翔ぶ
  93. 93.胡散臭い
  94. 94.腹に据えた1本のナイフ
  95. 95.追ってくる悪夢
  96. 96.決めて断つ
  97. 97.イメージ
  98. 98.緊張
  99. 99.絶望の再臨
  100. 100.罪と罰
  101. 101.亡き人
  102. 102.結
  103. 103.渇き
  104. 104.悪魔たちの降臨
  105. 105.再燃
  106. 106.恐怖の蔓延る街
  107. 107.最後の言葉と最後の刻
  108. 108.階段を降りた先に待つもの
  109. 109.解放されし英雄
  110. 110.無情
  111. 111.麗しきものと醜きもの
  112. 112.死してなお、護り通せ
  113. 113.危機一髪
  114. 114.瞳
  115. 115.背ける
  116. 116.Prayer
  117. 117.羽虫の抵抗
  118. 118.隙
  119. 119.神であるが故に
  120. 120.神らしからぬ
  121. 121.操り人形は舞台で舞う
  122. 122.終わりの世界で笑い合うために
  123. 123.神に天罰を降す
  124. 124.損失
  125. 125.理を捨てる
  126. 126.せんどうしゃの元へ
  127. 127.救いの光
  128. 128.無力
  129. 129.序章
  130. 130.猜疑心