群青のアトリエ

作者 如月芳美

少女の心の内を見て、何かを考えさせられてしまう

  • ★★★ Excellent!!!

主人公の瑠璃は、不登校になって以降図書館で絵を描いて過ごしていた。
そこで出会った男性に惹かれ、絵を習い、同い年の少年という相棒に出会い、そして・・・・・・

この物語はADHDの一例について描かれています。
瑠璃の心の内を見ながら、それについても考えさせられてしまうかもしれません。

彼女は受け止められる人がいたからまだいいが、もしかすると、ずっとぼっちだったかも。
そしてそれをどう取るかは・・・・・・


共通設定のある対決作品との事で、相手側も読むとまた違った面白さがあると思いますよ。
ぜひ一度読んでみてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

仁志隆生さんの他のおすすめレビュー 622