君が人生の時

作者 サンダルウッド

276

103人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

のべつ幕なしに世界から与えられる、変化と成長の機会。
生きているとそれに怯えて過ごす時期があると思います。
もし当時、この作品に出会えていたならば。
私はもう少し早く、履き違えに気づけていたかもしれません。
諸行無常にあって、不変であるもの。
前と後ろが繋がっている理由が、この物語にはあります。
情緒の表現が真に迫っており、感動せずにはいられません。
懐かしくも新しい大切なメッセージを賜り、感謝いたします。
あなたの作品が存在するだけで、私は大変勇気づけられます。

★★★ Excellent!!!

まず文章は一つ一つの言葉を丁寧に書いていて、とても冷えている印象を与えます。
それが主人公の性格ととても合っていて良かったです。
軽い文章よりもこういう物語に真摯な言葉の方が好きな方も多いのではないでしょうか。
囲碁を通じて自由へと開放されていく主人公は等身大の人間として共感できます。
音楽を代表に実在の名称が出てきてそのことが作品のリアリティを高めています。
主人公はルーティンを行うのを日課あるいは、精神的な糧にしていますが、初めてのことを苦手に思う読者さんも多いと思います。
最初はバッドエンドかなと思いましたが、そうなるんだという納得できるエンディングになっています。
読者さん自身で確かめてみてください。
短編なので一気読みできるところもとても良い。
ときには長大な長編よりもデザートのような短編が、欲しいときもあります。
そういうときは恋愛という普遍的な要素を扱い、ストーリーを破綻なく展開させる、この作品を読むのがオススメです。
きっと主人公の成長がきっちり描かれているのが読者さんを満足させてくれるはず。

★★★ Excellent!!!

 あ、好きな書き方だ。

 読み始めて直感し、文を追いかけていくごとにその直感は、納得に変わり、スラスラとストレスなく、一気に話を読み上げてしまいました。

 タイトルから、浜田省吾?と思いましたが、途中で、扱われてたので、自然と頭の中に曲が流れて来て、切なかった。今は亡き夫とよく聴いていたからです。うちはダンナが大ファンだった。
 おりしも、今年は初盆。そして、迎える13日になぜ、この作品と出会ったのだろう。

 作品の意図するテーマから私はズレた捉え方をしてしまってるだろう。
 でも、この2人はこれから幸福になってほしい。それくらい感情移入してしまいました。

★★★ Excellent!!!

まず読み始めた時からとても読みやすい文章だと感じました。料理に例えるなら、とても口当たりが良かったです。

失恋から始まる主人公の心理描写、彼にとって「当たり前」な風景描写すらも美しく、綺麗で、あっという間に読み終えることが出来ました。

些細なきっかけが変えてくれるのは、人生なのかもしれません。

私は囲碁をよく知らないのですが、それすらも忘れさせてくれて、物語――小説として「きれい」なものだと思わせる、素晴らしいものでした。

最後に、この小説に出会えて良かったです。ありがとうございました

★★★ Excellent!!!

無駄のない描写でまとめ上げられた、非常に読みやすくまた心地よい文章のため、なんのストレスもなく読み進められる。
主人公は歌や棋譜を通して変わっていく。その変わっていく様が上記の通り心地よい文章で綴られているのである。
変わっていくことを恐れた主人公が、変わっていく。とても綺麗にまとめられた作品です。
この夏に、是非ともご一読ください。歌や棋譜を知っていれば尚更楽しめることでしょう。

★★★ Excellent!!!

読ませて頂きました!
こちらは囲碁を軸に、物語が展開していく短編小説。硬派な思考系ゲームを取り扱いながら地の文が読みやすく、碁石を打つが如く丁寧で文学的な言葉並び。そして棋譜が完成していくようなストーリーラインは、題材の難解さを一切感じさせません。
囲碁の理解が無くとも、一局交えたような満足感が得られる作品です。

★★★ Excellent!!!

読み進めていくうちに、細胞レベルで反応し好きな小説だと全身が教えてくれました。「ひとこと紹介」でも述べたように、誰しもが思っているけれども、どうしたら良いかわからないことを物語をもって教えてくれます。
囲碁がしっかりと軸になっているところにも好感が持て、また「GARNET CROW」が出てきたのも親近感が沸きました。
誰かにおすすめしたくなりました!

★★★ Excellent!!!

本作は恋人を失った主人公の変化していく様子が描かれた短編恋愛小説です

主人公は馴染みの書店でとある囲碁の本を取ることから、その人生に変化が生じていくのですが、本作の描写には無駄な所がなくとても読みやすい一作となっております。
序盤の主人公の憂鬱とした生活から囲碁や音楽による心情の変化、そして作品の透き通るような素敵な雰囲気を鮮明に描写しているので、読み手である私達を小説の世界へと引き込んでくれます!

大人びたセンスで描かれる主人公の人生を堪能できる本作がより多くの人に届くことを願って!

★★★ Excellent!!!

 歌や囲碁を通して変わっていく主人公の心情が、綺麗で心地のよい文章で綴られていく短編です。

 情景や心情の描写が素晴らしく、ああ、私もこんな人の心に響く文章を書いてみたいと思いました。

 安定した人生を望んでいた主人公が変わり、迎えることのできた最後の結末に温かい気持ちになります。

 綺麗にまとまった素晴らしい作品だと思いました。この物語に出会えたことに感謝です。

 是非、読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

私は年齢=彼氏いない歴の喪女なので、正直この作品に出てくる2人には羨みさえ感じてしまいます。
出会い、恋、別れを経験し、また復縁する。こういうのが許されるのが大人なんだよなあ、と思いながらも、主人公も年を重ねて大人になっていっているんだなあと思わされてなりません。
恋というものがいかに人の心を蝕むか、私はそこにはまだ至っていないのでわかりませんが、主人公の中では元彼女を想っていた2年という年月さえも短く感じられたのだと実感させられました。恋って難しいけどそれがいいですよね。

素敵な作品をありがとうございます。

★★ Very Good!!

非常に単調でありながら、水のようにじわりと心に染みる成長の物語。

「はじめて」を常人より警戒してしまう語り手の、同じことを繰り返し、変化を嫌う生活は確かに安心で、そして寂しさを感じるものです。
「はじめて」はとても刺激的で、火傷することもあれば、気持ち良くしてくれることもあります。
ラストシーンではそれをひっくるめて裏切りがあって良く楽しめました。

最初に言った通り文章がいい意味で単調で、淡々と語られるのが特徴的。
浜省と囲碁の話は知らなくても大丈夫なのも好評価。
知っていれば語り手により共感する助けになるかどうか程度にまとまっていました。

惜しむらくは結末が少し駆け足気味だったこと。
竜頭蛇尾……は言い過ぎですが、冒頭の芸術的な情景の描写に比べて、終盤は些か物足りないと感じてしまいました。


しかし題材、緩急、表現が短編としてよく完成された作品です。
一読する価値は確実にあると言えるでしょう。
良い作品をありがとうございました。

★★ Very Good!!

囲碁が重要な要素として使われていることから、違和感なく、随所に登場する難しい単語に出会えました。道にきれいなビー玉が転がっているのを見つけたような感じです。
登場人物、二人だけですがとても澄んだ存在、もっと知りたいと思わされました。
ある意味短すぎる、かと。読者の欲ですが。

★★★ Excellent!!!

情景描写、心理描写は他の方も言及されているので、私が言う事はないと思います。

正直、囲碁には疎いので内容が理解出来るか不安でしたが、そんな事はなく楽しめました。

短編なのであまり多くを語るとネタバレになりそうなので、このへんにしておきます。

素晴らしい作品でした。

★★★ Excellent!!!

情景描写が美しく、主人公の心の動きが丁寧に描かれている作品でした。

仕事も生活も、はじめは新鮮なことや大変なことがあっても、やがては慣れてきて退屈なものになっていく。変化は望めないように思えてしまう。
しかし、それは受け手側の問題であり、生活の中にはいつでも、なにかが変わるきっかけが待っているのではないか。そう思わせてくれる作品でした!

★★★ Excellent!!!

一文字一文字をじんわりと噛みしめたい、そう感じさせられる静かで美しい文章です。

変化を嫌う主人公の前に、ふと訪れたきっかけ。それに対し彼がどう接するのか、繊細な心情表現で描かれています。

いつものルーティーンに収まっているのは凄く楽で、安心できます。でもいつかはきっとそこから出なくてはいけなくならなく時が来る。
その時、自分ならどうするか。それを考えさせられるお話でした。

★★★ Excellent!!!

ルーティンを重視する主人公。

彼の内情が、不確定な部分に足を踏み出すまでの機微が、丁寧に描かれている。

元々の人生が間違っていたとは言えない。

けれど、きっとこれからの人生の方が、沢山の幸せに溢れたものである、と。

そう願いたくなる短編です。

★★★ Excellent!!!

変わることを恐れる男が、たった1つの雑誌の記事から変わっていく。
「変化のきっかけは、どこにでも転がっている」
それに気付かせてくれる。
日常とはそういうもので、変わるために特別な何かは必要ないのかもしれない。

静かでリズムの良い文章。
日常を切り取った作風。
何もかもが私の好きな書き方でした。

良い作品をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

純文学らしい豊富な表現力で、主人公の緊張感や失望を感じさせてくれます。
個人的には、「じっくりと咀嚼したい記事」という表現が好みですね。咀嚼したいって使うタイミングないですよ。
それから、「健全」という言葉が何回が出てくるのも気になりますね。読者として誘導されているんでしょうけど。安定を好む主人公の「健全」も、最後に「新しい健全さ」を手に入れた気がします。何が伝えたいかハッキリとしており読了感も素晴らしいです。
今風に言えば、エモい作品で最高に感慨深いです。