第5話 冊子機能

 実はこの機能、久しぶりに覗いた「なろう」さんではもう取り入れられていた。

 すでに遅れを取っている、導入急ぐべし。


 いわゆる作品をファイルに例えるのであれば「フォルダ」機能である。

 「なろう」さんではシリーズと言われているこの機能だが、短編集を作る際や、表示一覧をスマートにする際に役に立つ。


 今回のようなKAC(Kakuyomu 3rd Anniversary Championship)コンテストのお題10個に皆勤賞だった方は単純に10作品が表示されているはずだ。すると、表示できる12作品のうち10作品はKACで埋まってしまう。いくらなんでも自分がおススメしたい作品全てKACに込められているという人は少数派だろう、少し悲しい気もする。

 また私のように短い作品を何個も連発する場合は、どうしても作品が乱雑している印象は拭えない。


 そんな時に役に立つのが冊子機能だ。

 小説一覧の下に新たに表示スペースを設ける。

 そこに作りたい冊子を作る。

 例えばタイトルを「KAC」として、そこをクリックすればKAC参加作品一覧が見えるようにする。

 トップの小説一覧に元の作品を残すか、表示しないようにするかは選択できる。一覧から消す、を選択してしまえば、トップの小説一覧はすっきりする。こうすれば、ゴミゴミしない。


 また私がやりたいのはテーマごとに短編集を作る、というものだ。

 私がよく書く小説のテーマは「もしもこうだったら……」のものが多い。このテーマで書いた作品の短編集を作りたい。そうすれば、小説一覧は見やすくなる。


 実は現状でもこれはできなくもない。

 例えば、新たな作品を「短編集」というタイトルで作り、そこに今までの短編を新たにコピペしていく方法だ。

 しかしこれでは最初に投稿した時にいただいたコメント、レビュー、★、全てが移行できない。

 この「コメント、レビュー、★」は我々素人小説家にとっては代え難い宝物、生きている証、まさに我が子ともとれる程貴重なものだ。これを置いていくなんて考えられない。だからまとめる機能を作ってほしい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます