第13話 終わりに

 ここまで深夜にぶっ通しでとりあえず殴り書きました。

 私の知識不足で誤った内容もあるかもしれません。また、その問題はこうすれば解決出来るよ、といったことがあれば是非教えて欲しいです。もしくは何らかのもっと良い案などあれば遠慮なくいただけたらと思います。


 今後も少しでも多くの人の喜びがここから生まれることを願ってやみません。

 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


 もう一度書きます。

「要望を送る」

https://kakuyomu.jp/site_feedback?location=%2Fhelp%2F


【カクヨムへの要望】

1 小説一覧の表示方法の改善

 ・ソート機能の導入

 ・「おススメ」機能の導入

2 冊子機能の導入

3 自主企画のソート機能の導入

4 メッセージ機能の導入

5 フォローユーザーの自分用説明メモ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます