第12話 タグと検索(タグにすべてをぶち込め?)

 タグには二つの役割があります。しかしその二つの役割は相反していたりして、しかもややこしい仕組みのせいで、とてもわかりにくくなっています。説明しきれるかどうか、全てが伝わるかどうか分かりませんが、書いてみましょう。


 とりあえずのまとめを先に書いておくと、自作の一番重要なポイントが「あらすじ」、「キャッチコピー」、「タグ」の中に入っていない方は今すぐに設定するべきです。できれば「タグ」に入れるのが望ましい。


 例えばあなたがツンデレの出てくる作品を書いているとしましょう。タイトルやタグ、キャッチコピーに「ツンデレ」の文字が入らず、あらすじだけに入っている場合、読者様が「ツンデレ」で検索してもあなたの作品はヒットしないのです。カクヨムでは検索対象になっているのがタイトルとタグ、キャッチコピーだけだからです。なので「ツンデレ」で検索してヒットして欲しければ、どこかに入れておく必要があるのです。タイトルとキャッチコピーを変えたくなければ、タグに入れるしか有りません。


 「カクヨム」で検索しても「カクヨムオンリー」のタグが付いた作品はヒットしません。でも「カクヨム版」のタグは引っかけます。難しいですね。もしかしたら「カクヨムオンリー」が一つの単語として認識されていて、逆に「カクヨム版」は「カクヨム」と「版」で分けて認識されているからなのかもしれません。ちなみに「カクヨム★オンリー」タグをつけていると、「カクヨムオンリー」には引っかからなくなりますが、「カクヨム」と「オンリー」それぞれで引っかかります。うへぇ。


 さて検索して読みに来てくれる人に対応するためにタグを使いますが、それはしかしタグの本来の使い方ではありません。本来は同系統の主題や属性を持つ作品をまとめるために使う物です。例えば拙作には「バタフライエフェクト」が入っている作品がありまして、タグにも「バタフライエフェクト」を入れています。そして、バタフライエフェクトが気になった人が、同系統の作品を探すときに、タグをクリックすると、以下のページに飛びます。

https://kakuyomu.jp/tags/%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88

 このとき、この一覧に入っているのは「バタフライエフェクト」タグをつけている作品のみになるのです。例えばキャッチコピーに「バタフライエフェクト」が入っていても引っかかりません。この場合、タグから行くと7件。検索から行くと12件がヒットします。ややこしや。普通の読者様はタグと検索の違いなんて気にされないでしょうから、知らぬ間に見過ごされていることだって有るのです。


 わざわざ検索してまで作品を探してくれる様な読者様はとても貴重です。是非ともたどり着いていていただきたいところですが、なかなかに難しいのです。


 検索用タグの設定を考えてみましょう。「ツインテールツンデレ」というタグだと、「ツインテール」や「ツンデレ」で検索してくれた読者様を逃してしましますが、「ツインテール/ツンデレ」のように二つを区切るようなタグにすると、「ツインテール」、「ツンデレ」双方で検索しても引っかかるようになるのです。なので検索用に「ツインテール/ツンデレ/ピンク髪/メガネ」というように、タグの文字数制限である20文字まできっちきちに入れてしまうと言うのは一つの手ですね。見た目汚いですが。


 もう一つ、重要な事があります。「人気タグ」です。トップページ表示されてる奴です。あれは★とフォロワーの合計ポイントが1000近くなってきて、付け方を工夫すると効果が現れると思っています。トップページから1クリックで飛べるので、それなりには機能するのですが、人気順なのでタグによっては1ページ目はすべて★1000以上の作品なんてこともありますが、タグによっては穴場があったりします。


 例えば「美少女」と「少女」を比較してみましょう。「美少女」の場合、10番目の作品のポイントは1872ポイントです。一方で、「少女」の場合は10番目でも345ポイントしか有りません。500ポイントの作品に双方のタグをつけたとき、「美少女」タグだと10位以下、「少女」だと10位以内に入れます。この二つのタグはトップページにそれぞれリンクが張られているタグなのですが、大きな違いですね。10位以内に入れれば、少しは流入が期待できそうです。


 さて、問題はどのようにタグ付けをするかと言うことになります。検索向けに「ツインテール/ツンデレ/ピンク髪/メガネ」みたいなタグをつけると、「メガネ」タグから来る読者様の目にとまらなくなります。じゃあばらけて「ツインテール」、「ツンデレ」、「ピンク髪」、「メガネ」みたいにタグをつけると、検索用につけられるタグの文字数が減ってしまいます。さらには人気タグとの兼ね合いも出てきます。えーもうどうすれば良いかわかんね。って感じですね。


 ここで終わろうかとも思いましたが、あまりに雑多で投げっぱなしなのでもう少し検討してみましょう。例えば先の「バタフライエフェクト」タグですが、タグから一覧ページに飛ぶと、最初に表示されるのは累計ポイント順です。これは初心者に不利な並び順です。一方で、検索窓から検索したときに表示されるのは更新順です。この場合は初心者でも目にとまる確率は高まります。なので最初は検索向けの設定にするのがいいかと思います。キーワードが少なければ普通に8個分入れれば良いと思いますが、たくさんキーワードがある作品の場合は、タグの文字数を使い切るのもありだと思います。どれだけ効果があるかは分からないんですけどね。すがれる物にはすがりましょう。世の中何が起こるか分かりませんからね。


 検索についてもっと詳しく知りたい方は下記へどうぞ。

カクヨムの検索を使いこなそう/陽月

https://kakuyomu.jp/works/1177354054886675238

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

カクヨム解析学 箱守みずき @hakomori

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ