町にはオメデトウが溢れている

作者 静嶺 和泉