少年は歌詞に想いを綴る

作者 無月兄

胸が切なくなる、恋の歌。

  • ★★★ Excellent!!!

もらったオリジナル曲に歌詞をつけるために、叶わないだろう片想いの気持ちを綴る啓太。


同じ軽音部の藍は、啓太の想いも知らずに、反故にされた紙を手に取り……。

二人のやりとりが微笑ましくも切ない、素敵な作品です。
ぜひご一読を!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

綾束 乙さんの他のおすすめレビュー 244