私は1番好きな男の子を、2番目に好きだと言った。

作者 無月弟

いつか1番と言える日が来ますように

  • ★★★ Excellent!!!

あらすじの注意書きに女の子同士のドロドロした関係、後味が悪い、と書かれていますが、
どちらかといえば、せつない、やるせない気持ちになるお話です。

友だちグループの力関係により歪められてしまった想い。
2番と言ってしまった負い目。
がんじがらめにされて、どうにも動けなくなってしまい…。

どうにもできない辛い気持ちがしっかり描かれています。

ああああぁぁぁ……。という気持ちになりたい人は、是非。読んでみてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

告井 凪さんの他のおすすめレビュー 72