私は1番好きな男の子を、2番目に好きだと言った。

作者 無月弟

一点に支えられた盆

  • ★★★ Excellent!!!

 誰かがそれを出ようとしたら、盆自体がひっくり返る。だから、皆で盆の中央に固まるしかない。
 棒かなにかの上に乗る、ぐらぐらした盆。教室とはそんな世界だ。そして、盆から出ることは夢想しても盆そのものを叩き壊そうとは思わない。人は自由に伴う不安より奴隷の鎖を選ぶのだから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

マスケッターさんの他のおすすめレビュー 1,418