不登校の僕にラブコメ展開を期待されても困ります

作者 最終章

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全61話

更新

  1. 不登校児とクラス代表の組み合わせに創造性はない
  2. 第1話 突然だが、おっぱいが揉みたい
  3. 第2話 あなたと同じクラスの代表です!
  4. 第3話 こいつ、僕をバカにしにきたのかな?
  5. 第4話 優しさって言葉、知っているか?
  6. 第5話 気持ちわるい
  7. 第6話 諦めのわるいおっぱいだ
  8. 第7話 ぐまぐま
  9. 第8話 醜態なんて晒してません
  10. 第9話 おっぱいを揉ませてくれたら学校に行く
  11. 第10話 昭和かよ
  12. 第11話 僕もおせっかいだよな
  13. 第12話 あ、どうぞ、おかまいなく
  14. 第13話 絶対に、おっぱいを揉むのを諦めない
  15. 登場人物紹介
  16. 不登校児と体育会系の存在する並行世界は交わらない
  17. 第14話 そんなおっぱいを、僕は揉みたい
  18. 第15話 体育会系というのは、どういう脳の構造をしているんだ?
  19. 第16話 堂環くんに勉強を教わるのがベストなわけよ
  20. 第17話 うっ、そうきたか。本当にくずだな
  21. 第18話 エアホッケー
  22. 第19話 私が負けたら、私の胸もあなたの自由にしていただいてかまいません
  23. 第20話 ……やばたにえん
  24. 第21話 うわっ、やる気砂漠じゃん
  25. 第22話 どうして学校を辞めないの?
  26. 第23話 ぷふ、親って
  27. 第24話 これが君の真の課題だ
  28. 第25話 選ぶのは、君だ
  29. 第26話 わるくない
  30. 登場人物紹介
  31. 不登校児と巨乳の交差路は夢の中だけに留めておく方が無難である
  32. 第27話 巨乳こそが、男のロマンである
  33. 第28話 僕の部屋に巨乳が舞い降りた!
  34. 第29話 嫌われたいってどういうこと?
  35. 第30話 おっぱいを揉めるのであれば、僕は魔王にでも悪魔にでもなろう
  36. 第31話 料理対決
  37. 第32話 これこそ幻影の八百長作戦!
  38. 第33話 とりあえず、全国の料理人に謝れ
  39. 第34話 つまりだな、料理とは愛なんだよ
  40. 第35話 父よ。それはさすがにセクハラだ
  41. 第36話 間違いなくあなたの両親ですね
  42. 第37話 君、嘘をついていないか?
  43. 第38話 死んでください
  44. 第39話 中身を好きになってほしい?
  45. 第40話 仮面?
  46. 第41話 親父って母さんのどこに惚れたの?
  47. 第42話 今日のおやつはまだですか?
  48. 登場人物紹介
  49. 不登校児と不良娘が出会う特異点は確かに存在する
  50. 第43話 健やかなおっぱいを揉ませてくれないかなぁ
  51. 第44話 いや、僕、不登校なんで関係ないです
  52. 第45話 あんた、それでも教師か?
  53. 第46話 不登校さん
  54. 第47話 染め直せば?
  55. 第48話 君は優等生だからね
  56. 第49話 ただきれいなだけのアンティークドールのように
  57. 第50話 仮面の少女は、力強く言い放った
  58. 第51話 解答劇を自慢げにひけらかして悦に入る道化師
  59. 第52話 アイス買ってきて
  60. 第53話 ……学内エアホッケー大会?
  61. 第54話 うわっ、お約束やっちゃった
  62. 第55話 自己紹介をしに来たんだ
  63. 第56話 白殿零とは誰なのか
  64. 第57話 それが今の私
  65. 第58話 その先のラブコメ展開など期待するだけ無駄である