100年後の将棋界はバトル物

作者 ぷいゔぃとん

211

77人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

将棋のような将棋に見せかけたSFのような何か。結局腕力の世界なんだよなあ。

殺る将との戦いは中○一番を彷彿とさせる。普通に人死んでますやん。ツッコミが追いつかない。斬○刀とかs○ap細胞もありまぁす。

個人的に藤○システムらしきものが確認できたのは望外の結果である。

★★★ Excellent!!!

AIの発達によって、完璧な必勝法が発見された未来の将棋の世界。だが、人類は将棋を捨てきれず将棋の世界をさらに拡張することにした。

まずは将棋のマスを9×9から、49×49にまで拡大し、さらにABCという高さの概念も追加! さらにさらに棋士は特殊な属性のオーラ使うことで、駒にオーラをまとわせて従来とは違う駒の動きを実現!! さらにさらにさらにオーラをまとわせた駒を投げつけて対局者を直接攻撃することも可能!!! これもう将棋じゃないのでは……。

話が進むにつれて能力がやたらインフレしたり、味方キャラがあっさり死んだりと、もうただの能力バトルなのでは? と思ったりもするのだが、かつての伝説の棋士の故事に従って手の震えが覚醒のサインになっていたり、AIに詳しい棋士の名前がどこかで見た名前だったり、主人公の開発した『たれぞーシステム』が実際の将棋の戦法を彷彿とさせたりと、ところどころで現実の将棋にちなんだネタが出てくるから侮れない。
各話のラストに載っている『100年後の将棋について』という解説も妙にそれらしくて楽しい。やっぱ振り飛車はダメなのか……。

一話一話が短くバトルの連続でテンポよく進むし、バトルの内容も将棋がわからない人でも楽しめるように書かれているので、将棋に詳しくないという人も安心して読んでほしい!

(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=柿崎 憲)

★★★ Excellent!!!

ものすごい勢いなのに、なぜか内容がどんどんと入ってくる。

これは確かに将棋を超えた将棋とも言えるかもしれません。

作り込まれており、それぞれの設定に関する補足説明も頭に入ってきます。

これは、もはや読み進めるしかない(使命感)

まだ序盤。
されど序盤。
なのに私はこの超次元にハマりつつある。

こうなれば!
と思い他の方々も引きずり込むことにしました。

1話だけでも目を通してください。
目が点となって、心が鷲掴みされます!!!

★★★ Excellent!!!

 設定が亜空の彼方にぶっ飛んでいるくせに、何故か文字を目で追っている。
 ここまでの破天荒な作品を読ませるのは、作者の技量ありきだと思う。

 駒一つで命のやり取りを地でいっている。棋士たちの翔ぶような駒捌きは、字面だけでも十二分に伝わってきて、ライヴ感が堪らない。

 将棋は、オーラという新たな力を得て、盤外を飛び出し、ついには人を殺める凶器と化してしまった!
 一旦冷静になると、「お前たち将棋を指せ」と言いたくなるが、この作品が醸し出す凄味の前には、次第にそれも野暮だと思えてくる。

読み進めるごとに、改めて将棋の良さを考えさせられる素晴らしい作品。

あと、ぼくのすいみんじかんをかえしてください。

★★ Very Good!!

 将棋のルールを知らなくても面白いというよりは、むしろ知らない方が楽しめるでしょう。

 まず知っていて欲しいのは、相手を殺したらルール違反なので止めておきましょう。

 あとは反射神経を訓練していれば、投げつけられた相手の駒を受け止めて駒得できるのでオススメします。

 当然、体を鍛える事も忘れてはいけません。筋肉は嘘をつかないので。

 どうかご一読ください。

★★★ Excellent!!!

将棋の歴史は古く、奈良時代まで遡ります。
不遇の時代もありました。
ルールの変更、数々のタイトル、研究し、磨き上げられてきた戦術、数多の天才棋士、最近では女流棋士や若い世代の活躍がメディアを賑わせています。

そして舞台は今から100年後。
ついに将棋は属性を得て、高い攻撃力を持ちました。その強さは棋士に怪我をさせるほどになり、ついには死人まで…
それでも彼らは将棋に打ち込みます。
プライド、意地、熱意…そして何よりも将棋が好きだから。
そこに負けられない戦いがあるから。

将棋はわからない?大丈夫です。
まずは読むところから始めましょう。
これから盤上で生まれるのは誰にとっても未知なるドラマ。
読んだ後はきっと将棋の虜になっていますよ。

★★★ Excellent!!!

発想が、すごい!
まさか、将棋でバトルをはじめるとは……。

それも、まるで少年漫画に出てくるような、オーラなどの概念がある!
この発想はなかった。

テンポの鋭さ、斬新なアイディア、将棋への愛。
すべてが詰まった一作。

是非とも読むべき小説です。

★★★ Excellent!!!

どこまで書いてしまっていいのかわかりませんが、何を書いても小説本文をお読みいただかないと信じてもらえないような。

戦いがとにかく命がけです。
とくに最近はバトルシーンがあると毎回致命傷を負ってる棋士がいるような。
でもなんというか少年漫画的なノリなので、緊張感はあるものの、そこまで怖かったりはしませんのでご安心を。

そうそう、これだけは書いておかなくては。
将棋の知識全く無くても面白く読めますよ!

★★★ Excellent!!!

とにかく、勢いが凄い。
もはやなんでも有りの未来の将棋……ということで、ルールは一応あるものの、熱量のある激しいバトルが一番の魅力。


その為、将棋が題材になっておりますが、将棋のルールを知らない方でも楽しめるでしょう!

食わず嫌いは勿体ないですよ!
是非オススメです。

★★★ Excellent!!!

将棋とファンタジーを組み合わせる発想もそうですが、独自のルールが複雑過ぎずイメージがしやすいので、読者を置いてけぼりにせず、しっかりと物語に引き込んでいくのは凄いと思います。


タイトル名から将棋が詳しくないとか将棋には興味ないから。と避けていたら勿体無い作品です!

★★★ Excellent!!!

お、面白い……!
少しでも将棋をかじったことのある人なら、名人VS AIの対決や、電脳戦を知っているだろう。
棋士はAIに完敗する時代は到来するのか?
これが現在もっぱら注目されている、将棋界のテーマの一つである。
しかし、これはその先をいっている!
AIに支配された世界での、新ルールでの将棋。その新ルールが、目からうろこの新しさなのだ。
棋士とAIが拮抗している現在、作中のような将棋のルールが制定されてもおかしくはない!
発想の時点で、この物語は成功している。

★★★ Excellent!!!

作品の勢いがとても良く、テンポよく最新話まで読み終わることが出来ました。
対局の場面ではバトルものにふさわしく、超次元で繰り広げられる将棋は読んでいて心が踊ります。
従来のスポーツ漫画みたく、常識を置いてけぼりにする作品、すごく魅力的なのでこれからも頑張ってください!!

★★★ Excellent!!!

なんだこれは……これが百年後の将棋なのか(困惑)
この作品を読んで自分の中の将棋という概念が覆されたのを感じました。はい、これが『将棋』です。これこそが『将棋』です。

AIが人間社会に浸透し、もはや支配されたと言っても過言ではない近未来が舞台。そんな世界の中で数少ない生き残ったボードゲーム、それが将棋。しかし、AIの支配はそれにも及んでおり、なんと座って勝負するこれまでの形式が崩壊。その代わりに炎や水といった属性をまとい、飛車が飛ぶ、花車が貫く、歩が轟く。そんな物理的な攻撃方法を取得するといういったいどう進化したらそうなるのか知りたくなってしまうような形に変化していた。えぇ……。

この現代将棋に投じる主人公。棋士の中でも希少な属性を持っているにも関わらず、そのバトルスタイルゆえにあまり勝率は高くない模様。そんな主人公を気にかけている(?)ヒロインは主人公よりも格上にして歳下、そして女性らしからぬぬ口の悪さが特徴的。他にも個性的な仲間たちがいる中での大会。その最中に起きる様々な事件に巻き込まれ始めていく……

これ本当に将棋ですよね⁉︎(唐突に正気に戻る)


個人的に今まで読んできた中で一番映像化したものを見てみたいという気持ちになりました。いいですよね、なんかこういう普通じゃない感じのバトル物。僕は好きです。
第二章からはさらに将棋離れした将棋が始まる⁉︎ 期待値は最高クラス!
是非とも一読を。これが真の『将棋』だ。

★★★ Excellent!!!

100年後の将棋界。
おそらく「AIに凌駕された棋士たち」というのが多くの方の予想でしょう。
本作をぜひご覧ください。
属性をまとった棋士たちが文字どおり命を削ってその一手を繰り出しています。

将棋ってこんな風に描いたらここまで笑えるんですね。
投げ飛車党っていうのは……おっと、後は読んでのお楽しみです。

★★★ Excellent!!!

正直、読んだ人から「もうこれは将棋じゃない!」という声が聞こえてきそうな勢い任せなところはありますが、

いっそ将棋にこだわらず、将棋がルーツとなる新しいゲームが誕生した!
という方向性に持っていっても面白いなと思いました。
サイバー空間で、駒の代わりにファンタジーのモンスターを使用する戦争系ボードゲームとか、
さまざまな進化の可能性を秘めた題材ではあると思いました。
作者様の自由な発想によるさらなる進化に期待しましょう!

★★★ Excellent!!!

連載分まで一気に読んでしまいました。
いつのまにか。

虚構をしっかりと練り上げている作品です。違う言葉で言うならば、高度な嘘(ありえないことをまるであるかのように思わせる!)。
しかも文に勢いがある。
だからめちゃくちゃ心地いい。この作者の「仕掛け」に乗っかれば、ぐいぐい読み進めることしかできなくなる。

おすすめ!