未だ見ぬ世界の君の声

作者 すずらん。

126

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

レビューがネタバレになるのはどうかと思うので、できるだけ内容に触れないように書かせていただく。

ともかくこの小説は「やわらかさ」にあふれている。童話のようだ、という感想が多くあるのも納得できる。文体や作中の登場人物の話し方、情景描写など、絵本のような微笑ましさを描き出している。

しかし、この小説の素晴らしいところは、単なる「ほほえましさ」で終わらないところだ。中盤にはっとさせられ、そこからは一気に物語が展開する。

ともかく、一度読んでみて欲しい。読み終わった後、再度この小説のタイトルを見れば、きっと納得できるはずだ。

★★★ Excellent!!!

読み終えたらもう一度読みたくなる、そんな作品を目指しました。とあるように2回目の印象が変わる童話です。本作は短い文章の中に様々な感情が詰め込まれそれを読者にダイレクトに届けてくれるそんな美しい童話でした。最初は2回目読みたくなるなんて言われるとつい天邪鬼になってしまいそうですがこの物語はそんな偏屈はいらなくて自分が素直になれる場所を提供してくれるものでした。この物語を読むときは純粋な気持ちでお楽しみください。

★★★ Excellent!!!

「読み終えたらもう一度読みたくなる、そんな作品を目指しました。」
天の邪鬼な私はその文章を見て、「じゃあ読み返さなくてもいいくらい、じっくり読み込もう」と思ってしまいました。
そんな挑戦的な気持ちで読み始めたことを後悔するくらいに、温かく清らかな世界がこの作品の中に広がっていました。
気がつくと、涙を滲ませながらもう一度読み返していた、そんな作品です。

★★★ Excellent!!!

ちょっと前に読み終わっていたのですが
どうも感想を書くのが難しく、戸惑っていました。

簡単に書くと、背筋がぞくっとするほど素晴らしいと感じたのですが
それを言葉にしようとすればするほど、うまくいかないのです。
感想って難しいですね。

いままた感想を書こうと思ってラストのあたりを読み直してみたのですが
やっぱり、ぞくっとしましたね。

言葉にすると『感動』なんですけど
そんな簡単に表現しても良いものではないというか……。

まだ感想を書けるほど消化できていないのかもしれません。

また何度か読み直して、自分の感想をしっかり見つめてみたいと思います。

とにかく良い作品でした。

★★★ Excellent!!!

始めは、少年と少女の何の変哲もない日常会話だと思っていました。
ですが、物語が進むにつれ、互いに本心で語り、その上で何を思ったのか。それを深く考えさせられました。
ハッキリ言って、私はこの物語に惹き込まれました。

この物語を読み、そこから考えることは人それぞれでしょう。
ですが、こう思うことは確実です。

この物語を読めて良かった。

この物語に出会えて良かった。

これからも期待しています。
同じ物書きとして、私もこのような作品を書けるようレベルを上げていきたいと思います。
有難う御座いました。

★★★ Excellent!!!

「人」とは、何を指すのか。
本が読めて、自分たちの存在を見て確認しあえて、
単純な『仲良し』ができたら、「人」なのか。

じゃあ、「そうじゃない」者たちのことは何と呼べばいいと
いうのか。異物?外れもの?・・どれも違うんじゃないのか?

途中空いた空白の間に、言葉は要らないのかもしれない。

普段私たちが何気なくやっている「意味が無い」と思う行為
の中にこそ、私たちにとって何よりも「大切なもの」が、
ひっそりとたたずんでいたのかもしれない。

そんなことを考えました。
こういう作品が読めてよかった。
期待しています。