未だ見ぬ世界の君の声

作者 すずらん。

103

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ちょっと前に読み終わっていたのですが
どうも感想を書くのが難しく、戸惑っていました。

簡単に書くと、背筋がぞくっとするほど素晴らしいと感じたのですが
それを言葉にしようとすればするほど、うまくいかないのです。
感想って難しいですね。

いままた感想を書こうと思ってラストのあたりを読み直してみたのですが
やっぱり、ぞくっとしましたね。

言葉にすると『感動』なんですけど
そんな簡単に表現しても良いものではないというか……。

まだ感想を書けるほど消化できていないのかもしれません。

また何度か読み直して、自分の感想をしっかり見つめてみたいと思います。

とにかく良い作品でした。

★★★ Excellent!!!

始めは、少年と少女の何の変哲もない日常会話だと思っていました。
ですが、物語が進むにつれ、互いに本心で語り、その上で何を思ったのか。それを深く考えさせられました。
ハッキリ言って、私はこの物語に惹き込まれました。

この物語を読み、そこから考えることは人それぞれでしょう。
ですが、こう思うことは確実です。

この物語を読めて良かった。

この物語に出会えて良かった。

これからも期待しています。
同じ物書きとして、私もこのような作品を書けるようレベルを上げていきたいと思います。
有難う御座いました。

★★★ Excellent!!!

「人」とは、何を指すのか。
本が読めて、自分たちの存在を見て確認しあえて、
単純な『仲良し』ができたら、「人」なのか。

じゃあ、「そうじゃない」者たちのことは何と呼べばいいと
いうのか。異物?外れもの?・・どれも違うんじゃないのか?

途中空いた空白の間に、言葉は要らないのかもしれない。

普段私たちが何気なくやっている「意味が無い」と思う行為
の中にこそ、私たちにとって何よりも「大切なもの」が、
ひっそりとたたずんでいたのかもしれない。

そんなことを考えました。
こういう作品が読めてよかった。
期待しています。