魔導士はつらいよ〜万屋ムナカタ活動記録〜

作者 白猫亭なぽり

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全50話

更新

  1. 序章
  2. 0.1 べらべらと、うるせぇ
  3. 0.2 知ったこっちゃねぇ
  4. 第1章
  5. 1.1 御託はいい、君の実力を見せてみろ
  6. 1.2 あんまり大人をなめんなよ?
  7. 1.3 関係がないといい切るには、現場のことを知りすぎてる
  8. 1.4 とりあえず! 表に! 出て!
  9. 1.5 最後に決めるのは君だよ、坊や
  10. 第2章
  11. 2.1 実戦経験を積みたいのですよ
  12. 2.2 僕はあれ、どうかと思うんだよね
  13. 2.3 後はセンセイたちにおまかせだ
  14. 2.4 やれるもんならやってみろよ
  15. 2.5 見くびってもらっちゃ困るな
  16. 2.6 普段からそれくらいしっかりしてればよろしいのに
  17. 2.7 子供じゃねーんだ、あんまり心配すんな
  18. 第3章
  19. 3.1 そんな顔しなさんな
  20. 3.2 ちゃんと守って叱って導いてやらねーとな
  21. 3.3 相変わらず躾がなってねぇなぁ
  22. 3.4 なんで俺の回りの女はこんなに血の気が多いんだ
  23. 3.5 気が変わったわ、坊や
  24. 3.6 やっと届くと思ったのに
  25. 3.7 仕事が終わったら迎えに戻るから
  26. 3.8 上手いこと追い込んでくれよ
  27. 3.9 お兄ちゃんも人が悪いね
  28. 3.10 良い知らせをご期待下さい
  29. 3.11 お願い、力を貸して
  30. 3.12 だまってついといでよ
  31. 3.13 ここからが本番です
  32. 3.14 これはやっぱり、君の仕事だぜ
  33. 3.15 悪い、喋っちゃった
  34. 第4章
  35. 4.1 暇を持て余すくらいでちょうどいい
  36. 4.2 今サボるって言おうとしなかったか?
  37. 4.3 ずるい大人
  38. 4.4 全て自分の力でなんとかしようとするな
  39. 4.5 最善の働きを
  40. 4.6 その気になってくれたようで何よりです
  41. 4.7 ずいぶん、お早い、お越しで
  42. 4.8 今しばらく低い姿勢のままお待ちいただきたく存じます
  43. 4.9 パーティの続きを楽しんでいてください
  44. 4.10 イチャイチャしやがって、まったく
  45. 4.11 やられっぱなしじゃ悔しいか
  46. 4.12 人は見かけによらないな
  47. 4.13 あんまりからかってやるなよ
  48. 第5章
  49. 5.1 必ずタネと仕掛けがある
  50. 5.2 身内の愚痴は後にしてくれねーかな
  51. 5.3 私はどこまでもお供します
  52. 第6章
  53. 6.1 お帰りなさい、お嬢様
  54. 6.2 いつまで猫をかぶっていらっしゃる気なのかしら
  55. 6.3 そうやって誠実に接してあげればいいのに
  56. 6.4 俺が守ってやる
  57. 6.5 強敵に出会ってしまったね