神の熾火のバーレイグ~終わるセカイと練想術士~

作者 嘉月青史

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全104話

更新

  1. プロローグ
  2. 追想
  3. 第1章
  4. 道化の騎士――――――――――――――――――――――――――――――
  5. 1.シグは嫌われ者である
  6. 2.また裏切り者である
  7. 3.しかし訳あり者である
  8. 滅びた国より―――――――――――――――――――――――――――――
  9. 4.梁の上の少女
  10. 5.となりの姫
  11. 紅の練想術教師――――――――――――――――――――――――――――
  12. 6.彼女の芯は賢女である
  13. 7.しかし背は少女である
  14. 守るべきもの―――――――――――――――――――――――――――――
  15. 8.精霊少女との質疑応答
  16. 9.とある騎士の幼女趣味疑惑
  17. 思い悩む者たち――――――――――――――――――――――――――――
  18. 10.練想術師弟の家族関係
  19. 11.精霊少女の母性
  20. 12.滅びた国の王城で
  21. 虹色庭園での邂逅―――――――――――――――――――――――――――
  22. 13.ひとり、多い
  23. 14.届かぬ思い
  24. 滅びの始まり―――――――――――――――――――――――――――――
  25. 15.道化騎士の真意と王女の教訓
  26. 16.魔軍来襲
  27. 17.竜魔王の開幕宣言
  28. 第2章
  29. 決断と風説――――――――――――――――――――――――――――――
  30. 18.民たちの盾
  31. 19.練想術士の井戸端会議
  32. 20.師の出自と怒りの訳
  33. 工房での心の読み合い―――――――――――――――――――――――――
  34. 21.騎士団長の無茶ぶりと練想術士の応え
  35. 22.怒りの姉弟子・鉄拳制裁
  36. 23.からかい上手のお父さん
  37. 避難準備―――――――――――――――――――――――――――――――
  38. 24.騎士たちの内輪揉め
  39. 25.やさぐれ姫の死にたがり
  40. 避難開始―――――――――――――――――――――――――――――――
  41. 26.避難路を行く
  42. 27.素直じゃない者たちの心配り
  43. 28.謝罪と怒りの訳
  44. 青年騎士と練想術士少女の奮起―――――――――――――――――――――
  45. 29.魔物たちの戦術
  46. 30.シグの実力
  47. 31.惨劇の跡地で
  48. 生と死の狭間にて―――――――――――――――――――――――――――
  49. 32.敵中に生まれし活路
  50. 33.必死の功名
  51. 女たちの退路―――――――――――――――――――――――――――――
  52. 34.女傑・ロミア
  53. 35.練想術士宗領・エヴィエニス
  54. 36.捨てがまりの騎士
  55. 消沈の避難行―――――――――――――――――――――――――――――
  56. 37.避難行の再開と難題
  57. 38.シグの不都合な事実
  58. 39.急変の避難路
  59. 40.反撃の『ピース』を手に
  60. 活路を開く者たち――――――――――――――――――――――――――――
  61. 41.雨中の撤退戦・開戦
  62. 42.救援と別離
  63. 43.少女の嘆願と迫る最期の刻
  64. 44.親子共闘
  65. 血路に逝く者たち――――――――――――――――――――――――――――
  66. 45.散華
  67. 46.嵐の中の船出
  68. 47.最後の抵抗者
  69. 第3章
  70. 遭難の避難路――――――――――――――――――――――――――――――
  71. 48.密林を往く
  72. 49.割れた仮面の怒りの騎士
  73. 50.犬との遭遇
  74. 51.亜人たちの道案内
  75. 岩石遺跡の遺しもの―――――――――――――――――――――――――――
  76. 52.石の遺跡
  77. 53.夜闇に仮面を取り置いて
  78. 54.少女たちの留守要求
  79. 55.お留守番
  80. 最後の難題―――――――――――――――――――――――――――――――
  81. 56.探索と到達
  82. 57.虚勢の交渉
  83. 58.鷲の魔王と大将制約
  84. 神の遺産、炸裂――――――――――――――――――――――――――――
  85. 59.血まみれの防戦
  86. 60.ぶちかますとき
  87. 61.光魔弾レイニー機関銃
  88. 第4章
  89. 小国家・ナポス王国――――――――――――――――――――――――――
  90. 62.白痴との遭遇
  91. 63.クエストが発生しました
  92. 64.勤勉なる避難者たち
  93. 65.魔物討伐への奔走
  94. 66.愚昧な君臣と聡明な王族
  95. 対魔物会議の開催―――――――――――――――――――――――――――
  96. 67.皆が集えば賢者の知恵
  97. 68.血気逸る魔物たち
  98. 69.能なしたちの合同協議
  99. 70.因縁の邂逅
  100. 覚醒する焔――――――――――――――――――――――――――――――
  101. 71.後悔と向き合う者たち
  102. 72.魔王の真髄
  103. 73.おはよう――そのモノの名は、
  104. 74.焔の騎士
  105. 決着と新たな問題―――――――――――――――――――――――――――
  106. 75.心からの声――結実
  107. 76.三人の時間
  108. 77.神の熾火
  109. 第5章
  110. 下準備と蠢動――――――――――――――――――――――――――――――
  111. 78.恐怖政治
  112. 79.とある練想術士の帰還
  113. 80.敵意なき対立者たち
  114. 81.外交作戦会議
  115. 亜人説得――――――――――――――――――――――――――――――――
  116. 82.横たわる難題
  117. 83.根深い対立
  118. 84.精霊の覚悟
  119. 85.魔物たちの出陣前
  120. 明かされる騎士の真実――――――――――――――――――――――――――
  121. 86.夢の記憶
  122. 87.裏切りの真実
  123. 人魔戦争の開幕―――――――――――――――――――――――――――――
  124. 88.急襲開始――戦争の火蓋
  125. 89.大国五者会議
  126. 90.試練の会談
  127. 第6章
  128. 前哨戦―――――――――――――――――――――――――――――――――
  129. 91.愚者に機関銃
  130. 92.王者の戦略
  131. 93.決戦開始
  132. 94.火蓋
  133. 本戦開始――――――――――――――――――――――――――――――――
  134. 95.地中侵攻
  135. 96.魔王の圧倒
  136. 97.激戦と苦戦
  137. 戦いの転機―――――――――――――――――――――――――――――――
  138. 98.その正体は
  139. 99.共闘と背水
  140. 戦いの詰め―――――――――――――――――――――――――――――――
  141. 100.ヒトの戦術・魔物の戦略
  142. 101.魔王の特攻
  143. 102.ヒトの強さと魔物の弱さ
  144. エピローグ
  145. 終焉の旅の始まり