レリック/アンダーグラウンド 〜迷宮の失せ物探し、承ります〜

作者 藤原祐

257

92人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

他サイト含む人気のネット小説は片っ端から読んでいるつもりですが、その中でもこの作品は圧倒的に面白い!
登場キャラ達も魅力的でストーリーにもどんどん引き込まれていく!
これから間違いなくもっと人気が出るはず!
ずっと読み続けるので、とにかく連載を続けてください!

★★★ Excellent!!!

プロとアマチュアの差を如実に感じた。
設定もそうだが、自然と読んでいて話に引き込まれました。続きが読みたい、気になると思えた。
テンポもよく、話がまとまっていて、しっかり終わる。
ライトノベルのような、一冊読み切りとは違う形のweb小説用に、1話1話の読みやすさにフォーカスしているように思えた。
web小説だと書籍化=プロととらえられがちだけど、違うんだなと感心しました。

★★★ Excellent!!!

作者様は電撃文庫などで作品を出版されていた、ガチガチのプロの方です。
文字通りのプロレベルに練り上げられた世界観、魅力的なキャラクター設定、洒落た言い回しなど、優れた点は多々ありますが、私が着目したいのは、いわゆる「流行り」と「個性」の融合を試みているという点です。

作者様はいわゆるダークファンタジーを得意とされていますが、昨今の流行りは「異世界転生無双もの」に代表される、さっぱりとした軽く読める話で、長く重厚な言い回しや設定はむしろ敬遠される向きにあります。
ですが、本作品は得意とする部分を生かしながらも、読みやすさ、軽快さ、分かり易さを重点に置いて書かれているように思います。

更新頻度も高く、1話辺りの文章量も適度。新聞や雑誌の連載小説を読んでいるかのような手軽さ、それでいて魅力的なプロの文章による読み応えもあります。
本レビューを執筆した時点では、まだまだ始まったばかりでこれからどうなっていくのか、あらゆる意味で読めませんが、日々のちょっとした隙間時間にでも、ぜひ多くの方に目を通していただきたい作品です。

★★★ Excellent!!!

昔ながらの骨太な迷宮探索の雰囲気と、人智を超えたアーティファクトによるクトゥルー要素を感じさせつつも、今の流行りである異世界ダンジョンものとして上手くまとまっています。

個性的なキャラクターたちが派手なスキルを使用してバトルをしたり、魅力的なキャラクター達がたくさん出てきたりするので、読んでて飽きません。

話はそこそこ重めだけど、各話ごとにちゃんとその回の話は完結するので、とても読みやすく、各話の読後感は爽やかです。

★★★ Excellent!!!

電源文庫で連載していたガチのプロ作家による一作。

あらすじだけ読むと「なんだ。よくあるダンジョンもの、冒険者ものか」とスルーされてしまうかもしれませんが、それではあまりにもったいない。

まだ三話が終盤に差し掛かったところですが、クオリティの高さはすでに明白。少しずつ明らかにされるレリックとフローの事情、ちらつく過去の因縁とテンポよく話が進んで読み手を飽きさせません。作者らしいダークファンタジー要素もファンとしては嬉しいところ。

これ、本当に無料で読めていいんですか?
どう考えても商業並みにプロットや設定練り込んでますよね?
少なくとも手慰みにささっと書いたってレベルではないですよね……?

★★★ Excellent!!!

レリックとフロー…幼なじみ二人を中心に語られるどの登場人物も魅力的で印象に残るダーク・ファンタジー。

第5話まで完結済み。
んー…面白いです、徐々に依頼者の事情が明らかになっていく過程とそれぞれの強い思いが見え始める姿に心揺さぶられますね。

毎話、クライマックスにハラハラしたり驚いたり読み応えがあってとても読み進めていくのが楽しいです。