「狂騒曲バーレスクTOKYO」

作者 ハイロック

真昼に見てはいけぬ夢という名の沼。おっさんの韓流ともいうべき、底なし沼

  • ★★★ Excellent!!!

『バーレスクTOKYO』という実在の舞台が臨場感を醸し出し、ズブズブと浸かっていく主人公の様子に、ある種の共感を得てしまうのは何故だろうか? このような願望が、男児にはあるのではないだろうか? 己の中に常にあって欲しいと願う。そんな願望が。


読み進め、よくある系と思いきや、驚きのオチがまっています。

もうね、短編なので、サクッと読んだもの勝ちだ!

さぁ、男児はいますぐ予約だ! 


バーレスクTOKYO!!(違

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

北乃ガラナさんの他のおすすめレビュー 409