「狂騒曲バーレスクTOKYO」

作者 ハイロック

恋は、盲目の喜劇。

  • ★★ Very Good!!

長年つきあう彼女がいながら、ショーで出会ったダンサーに溺れてしまった主人公。

この恋の行方は……? と途中からの不穏な空気に一気読みしていまいました。


読み終えた瞬間、チャップリンの「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である」という名言が頭に浮かびました。

読み終えた方は、この物語をどちらに捉えるのでしょう?
ぜひ、ご一読を。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

綾束 乙さんの他のおすすめレビュー 333