ドラゴン好きな人いる? 〜災竜の異世界紀行〜

作者 兎鼡槻《うそつき》

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全163話

更新

  1. 序章
  2. 第0頁目 いくらって美味しくない?
  3. 白銀竜の森
  4. 第1頁目 胡竜の夢?
  5. 第2頁目 蜥蜴って泳げるの?
  6. 第3頁目 山葵ない?
  7. 第4頁目 とりあえず取って置いた物って結局使わなくない?
  8. 第5頁目 愛が欲しいって我儘じゃないよね?
  9. 第6頁目 親の言う事なんて全部守れないよね?
  10. 第7頁目 落ちる時って色々ヒュンッてならない?
  11. 第8頁目 ちょっ、コレ食うんすか?
  12. 第9頁目 叩き起こされると夢の中身忘れない?
  13. 第10頁目 毒キノコらしい毒キノコってそうそう見ないよね?
  14. 第11頁目 友達って何処からが友達なの?
  15. 第12頁目 愛情って遠回りなの?
  16. 第13頁目 スポ根って魔法に必要ですか?
  17. 第14頁目 妖精って女の子しかいないイメージあるよね?
  18. 第15頁目 はじめてのおつかい?
  19. 第16頁目 森のアサシン?
  20. 第17頁目 なんで嫌な日ってくるんだろう?
  21. 第18頁目 周りを見ない人って恐いよね?
  22. 第19頁目 デミって何?
  23. 第20頁目 かくれんぼって寿命縮むよね?
  24. 第21頁目 旅行って準備が一番面倒臭いよね?
  25. 第22頁目 初対面なら敬語を使うべき?
  26. 第23頁目 わんにゃんパラダイス?
  27. 第24頁目 人に自分の事情を話されるのってむず痒いよね?
  28. 第25頁目 パーチーって自分の居場所を気にしちゃわない?
  29. 第26頁目 変な顔してる時の猫って何考えてるんだろう?
  30. 第27頁目 子供の涙に対抗出来るものって何?
  31. 第28頁目 敵が使う不意打ちってズルくない?
  32. 第29頁目 猫って犬に攻撃しがちじゃない?
  33. 第30頁目 お祭り騒ぎにデリカシーなんて必要ないよね?
  34. 第31頁目 餌付けって有効だよね?
  35. 第32頁目 黙ってくれないかな?
  36. 第33頁目 よーしゃよしゃよしゃよしゃよし……?
  37. 第34頁目 鳥の大群に囲まれると怖くない?
  38. 第35頁目 食べ過ぎって損だよね?
  39. 第36頁目 ほっとく誤解もあるよね?
  40. 第37頁目 傷付いたのは誰の所為?
  41. 第38頁目 アタシがわるいの?
  42. 第39頁目 アタシ、しらないよ?
  43. 第40頁目 アタシ、夢をみてるの?
  44. 第41頁目 何が起こったんだ?
  45. 第42頁目 ごはんを見たらお腹が空くよね?
  46. 第43頁目 人喰い山のドダンガイ?
  47. 第44頁目 黒って色移りしちゃうよね?
  48. 第45頁目 浪漫飛行ってどういう意味?
  49. 第46頁目 マッドストーンパワー!メイクアップ!?
  50. 第47頁目 アタシ、許さないからね?
  51. 一章小ネタ集 ※ネタバレ注意
  52. 蛙の行進曲
  53. 第48頁目 探索もちゃんとやろ?
  54. 第49頁目 人が沢山いたらお祭りだと思うじゃん?
  55. 第50頁目 突然歌いだされたらアワアワしても仕方無くない?
  56. 第51頁目 服を買いに行く為の服って必要じゃない?
  57. 第52頁目 ご飯を食べて泣いたことある?
  58. 第53頁目 ピクニック気分とはいかないよね?
  59. 第54頁目 蛙にも骨はあるんだね?
  60. 第55頁目 食い意地は男の意地?
  61. 第56頁目 イケメンになれるんならイケメンになるよね?
  62. 第57頁目 人見知りの子が心を開いてくれる瞬間ってもえない?
  63. 第58頁目 この世界の魔法って不便過ぎない?
  64. 第59頁目 ドナドナ?
  65. 第60頁目 旅は道連れ世は蛙?
  66. 第61頁目 橋デカくない?
  67. 第62頁目 持ち歩こうと思わない大金って幾らくらい?
  68. 第63頁目 料理にセンスを求める奴ほどヤバいの作るよね?
  69. 第64頁目 服に求めるのはでデザイン?機能?それとも?
  70. 第65頁目 はじめてのりょうりをおぼえてる?
  71. 第66頁目 蛙よ、大志を抱け?
  72. 第67頁目 うにょうにょうにょぉ~?
  73. 第68頁目 俺って天才なのでは?
  74. 第69頁目 稼ぐというのはこんなにも楽な事なのでしょうか?
  75. 第70頁目 ロデオって言っても蛙は引っ付けるじゃん?
  76. 第71頁目 物の価値を俺が決めちゃ悪いのか?
  77. 第72頁目 ギルドにクエストはないの?
  78. 第73頁目 俺に食えない料理なんてあったの?
  79. 第74頁目 お財布持った時の緊張感わかる?
  80. 第75頁目 俺は常に全裸だったって事?
  81. 第76頁目 呼び捨てでお金取るの?
  82. 第77頁目 ここ森って言える?
  83. 第78頁目 ロメロってゾンビの種類か何か?
  84. 第79頁目 ファンタジーかよ?
  85. 第80頁目 守ってくれるって言ったのに?
  86. 第81頁目 何処に行っちまったんだよ?
  87. 第82頁目 命を賭けるべき時はいつ?
  88. 第83頁目 イチャラブだってタイミングがあるだろ?
  89. 第84頁目 勝てない相手にどう挑む?
  90. 第85頁目 四人寄っては悪足掻き?
  91. 第86頁目 命は賭けなくてもいいよね?
  92. 第87頁目 希望が無いことを絶望って言うんだよね?
  93. 第88頁目 なんで植物は泣かないと思った?
  94. 第89頁目 食べる必要が無くても美味しいなら食べたいじゃん?
  95. 第90頁目 寝てる時に虫食べてる事あるらしいよ?
  96. 第91頁目 ムズムズ天国、くる?
  97. 第92頁目 仲良くなるのも時短できたらしちゃう?
  98. 第93頁目 行進曲はまだまだ続く?
  99. 涙を雪ぐ竜の誓い
  100. 第94頁目 秋の味覚と言えば?
  101. 第95頁目 転生するなら何がいい?
  102. 第96頁目 ゴリラって美味しいの?
  103. 第97頁目 暗闇の中のロマンス?
  104. 第98頁目 止められない目覚ましがあったらどうする?
  105. 第99頁目 強気なオバちゃんって逆らい難くない?
  106. 第100頁目 竜の甲より年の功?
  107. 第101頁目 まだやれるんだが?
  108. 第102頁目 邪眼の力をなめるなよ?
  109. 第103頁目 エリマキトカゲの走り方がダサいって言った奴誰?
  110. 第104頁目 吹くのは大人になってから?
  111. 第105頁目 嘘は言ってないよね?
  112. 第106頁目 母さんはどうして父さんを選んだの?
  113. 第107頁目 自分と同じ所を他人に見つけると嬉しくなる?
  114. 第108頁目 何もかも真面目に考えてたら疲れちゃうよね?
  115. 第109頁目 神様って幸せなの?
  116. 第110頁目 人でも”待て”は難しいよ?
  117. 第111頁目 縛りプレイって強制されてやるもんじゃないよね?
  118. 第112頁目 ジェスチャーとボディランゲージって何が違うの?
  119. 第113頁目 きっと上手くいくよね?
  120. 第114頁目 アメリさん、ちょっと待って!?
  121. 第115頁目 人から預かった大切な鞄に干し肉入れたりします?
  122. 第116頁目 鼠は大魔法使いの弟子?
  123. 第117頁目 俺と同じ…?
  124. 第118頁目 友達の親戚に紹介されても反応に困らない?
  125. 第119頁目 ドラゴンとネズミは友達になれないの?
  126. 第120頁目 死んでも幸せなんて事あるの?
  127. 第121頁目 常識は何の為に必要なの?
  128. 第122頁目 料理が上手い高校生って闇感じる?
  129. 第123頁目 全知はあの地にあるんですかぁ?
  130. 第124頁目 竜の味覚はわかりませんね?
  131. 第125頁目 自分の首を締めているのが自分だなんて思います?
  132. 第126頁目 辛さに種類は必要なのでしょうか?
  133. 第127頁目 組み合わせ、多過ぎませんか?
  134. 第128頁目 勝機とは香るモノなのです?
  135. 第129頁目 竜は嘘がお嫌いなのでは?
  136. 第130頁目 心配事が多過ぎませんか?
  137. 第131頁目 炭も冷たくなるのか?
  138. 第132頁目 友達の死より許せない事は?
  139. 第133頁目 この感情は本物だよな?
  140. 第134頁目 天気との間に距離はあるの?
  141. 第135頁目 強くなれば哀しみを殺せるの?
  142. 第136頁目 八つ当たりをしたくなる時もありますよ?
  143. 第137頁目 旅に足らないモノがありますね?
  144. 第138頁目 茜色がうつす景色は?
  145. 第139頁目 ありふれた誓いだってよくない?
  146. 奇人の囀りと樊の友
  147. 第140頁目 奇跡って良い事とも限らないよね?
  148. 第141頁目 無知は不発弾?
  149. 第142頁目 自分を認められると安心するよね?
  150. 第143頁目 お決まりのポーズと言えば?
  151. 第144頁目 大人の階段のぼる?
  152. 第145頁目 思い出って飲み込むもの?吐き出すもの?
  153. 第146頁目 他人と自分の境界線は何処?
  154. 第147頁目 生死って笑える?
  155. 第148頁目 細かい作業とか苦手だからさ?
  156. 第149頁目 保険の授業で興奮した事ある?
  157. 第150頁目 想像と経験は本当に別なの?
  158. 第151頁目 だって魚とか草も人の世界だぜ?
  159. 第152頁目 子連れドラゴンって語呂よくない?
  160. 第153頁目 夢の中でアラームを待ち望む事ってある?
  161. 第154頁目 ロボットは嘘を吐くのか?
  162. 第155頁目 悲しみと哀しみはぶつかるの?
  163. 第156頁目 焦ると不運がやってくる?
  164. 第157頁目 死すらもごっこ遊びなのか?
  165. 第158頁目 誰が守るんだ?
  166. 第159頁目 ロブ・ストーリーは突然に?
  167. 第160頁目 二つの弾丸?
  168. 第161頁目 お先真っ暗?