挨拶っていいね

作者 高羽慧

ある意味ホラー。挨拶一つに注目した着眼点に驚かされる近未来の日常

  • ★★★ Excellent!!!

挨拶、それは誰もが日常生活の中で使い、生活に根付いた基本の言葉。
おはよう、こんにちは、ありがとう、さようなら。

未来永劫普遍で変わり映えの無い最もポピュラーで日常的な言葉遣い、それが挨拶。

――そう、勘違いしてるのではありませんか――――?

物語を拝見させて頂いた私は、読み始めてすぐに、この物語の着眼点に関心し、そして同時にそこに描かれた『IF』の世界、まるで近未来の可能性を示唆したかのような一つのリアルな未来のお話にちょっとした恐怖を覚えました。

物語全体を俯瞰してみれば、間違いなく近未来日常を描いたちょっとした洒落の聞いたコメディであり、某SNSのパロディなオチまでしっかりとしたお話なのですが

そこに描かれる本来の我々が持つべき常識・価値観を持った主人公が、近未来の常識の中で異物として苦しみ、悩む姿……

これは、ちょっとしたホラーですよ?

気軽にサクっと読めて、それでいて考えさせられる作品『挨拶っていいね』

現代社会の言葉遣いの乱れに一石を投じるかのようなこの作品、是非皆様もご一読ください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

三上仁詩季さんの他のおすすめレビュー 45