2-2. 困った時にすることは

 ここが異世界だとするならば。

 帰る方法を見つけないと。


 電車に乗って帰るってわけにも、いかないだろうからなぁ……。


 どうしよう……?


 この世界の住人から、何かヒントをもらう感じでいいのかな……。

 次に人を見かけたら、話しかけてみよう。


 ちょうど向こうから、人のよさそうなおばちゃんが、歩いてきてる。

 買い物用のカートをごろごろさせた、天然パーマのおばちゃんだ。


 あの……。


 だめだ。

 なんか、声をかける勇気がでない。


「あんた、どこから来たの?」

 とか言われたら、なんて答えたらいいんだ?


 そんなところで悩んで、声をかけられず、何人も通行人が過ぎていく。


 ……。


 交番的なところに行けばいいかな……?

 でも、絶対に、住所を聞かれるよな……。

 いったん、怪しいと思われたら、警察は怖いからなぁ……。



 こまった俺は、とりあえず、寝逃げすることにした。


 

 何かあったら、『果報は寝て待て』。

 俺はこれまで、そうやって生きてきた。


 ちょうど、歩いているうちに、小さな公園を見つけたので、そこのベンチにごろーんと横になった。


 最近の都心だと、路上生活者が住み着かないように、ベンチは座席一人分ずつに区切られている。肘掛けとか、出っ張りとかで。

 無理に寝ようとしても、痛くて無理なようになっている。


 この異世界(?)の公園は、そんな異邦人アンフレンドリーな仕様にはなっていなかった。


 程よいぽかぽか具合。いい天気。

 子供の嬌声、車の通過する音。程よい生活音。


 俺の意識は、自然とまどろんでいった……。


 ああ、あったかい……。


 心地良い……。


 このまま寝ていたい……。



 そんな幸せを感じていた。



 ――突然の、女性の悲鳴が、俺の鼓膜をぶっ叩くまでは。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

寝る子は育つし役に立つ にぽっくめいきんぐ @nipockmaking

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る