母がゾンビになりまして

作者 丸山弌

148

54人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

タイトルから中身を想像したとき、「バイオハザードみたいなドンパチものかな」と思いました。
中を開くと、全然そんなことはなくて、ゾンビウイルスに感染してしまった母への主人公の葛藤、そしてさまざまな愛にあふれたの物語でした。

途中途中、主人公の葛藤の辛さに胸が苦しくなって、気づいたら、泣いていました。
もし私の家族がゾンビになったら、そうしたら私は何するんだろう、何を選択するんだろう、と考えせられるような物語でした。

★★★ Excellent!!!

大切な人がゾンビになる。
ゾンビ物ならば定番のシチュエーションではないかと思う。
しかし、ゾンビウィルスに感染してしまい、次第に日常生活に支障をきたしてきた母とどうやってこれから生きていけばいいのか模索する主人公というのは珍しい。
今作はゾンビでコーティングした社会福祉小説という見解が一般的だと思うが、同時に新たなゾンビ物を開拓した作品でもあるだろう。
ここからもしかしたらゾンビ小説に新たな展開が起きるかもしれない……そんな予感すら覚えさせる今作、小説の概要に作者が「ポストゾンビSF作品」と記しているのも頷ける内容だ。

★★★ Excellent!!!

人をゾンビにしてしまう「オウウィルス」が引き起こしたパンデミック――「ゾンビ禍」。

その人類最悪の災禍から長い時間が経ち、人類が「ゾンビ禍」を乗り越えだした近未来。「オウウィルス」への対応も社会的に確立され始め、過去の「ゾンビ禍」のようなパンデミックはもう起こらないとされている。しかし、個人レベルでの感染はなおも続き、感染者へのケアが社会問題となり始めた。

そんな中、主人公・三上は、母親に「ゾンビトランス」の兆候を見い出してしまう――



「母がゾンビになりまして」。

どこかコミカルな作品名とは裏腹に、「ゾンビ化」という解決できない不可逆の問題と真っ向正面から向き合い続けるシリアスな作品です。

どこどこまで治療すればOKとか、症状が劇的に改善するとか、というわかりやすい解決は、この物語にはありません。

病院に通い、適切な治療を受けて症状の進行を可能な限り遅らせる。日常生活の中で感染者本人にストレスをかけず「正しい」対応を取る。介護者は、そういう不断の努力を続け、続け、続け続けなくてはならない。対象に完全なゾンビ化、あるいは「死」が訪れるまで。



この作品で特筆すべきは、その繊細な描写だと個人的には思っています。一部引用します。


「息子に噛んでしまう日です」
「息子さんに、噛んでしまう日」

 星紘は大きく頷いた。そしてさらに、母の言葉を待ちはじめる。沈黙の時間は数十秒続いた。母はすでに会話が終わっていると思っているのだろうか。星紘はまさかまだ会話が続いていると思っているのだろうか。彼のはじめの質問について、おれは改めて母に伝え、母の考えを聞き出したい衝動にかられる。しかしその様子を察知しは星紘は、ちらりと一瞬だけおれへ視線を移して牽制する。すると驚くべきことに、母はまた口を開いた。

「私はいつ、息子を噛んでしまうのでしょうか」


これ。

すご… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

タイトルにあるように、こちらの作品はいわゆるゾンビものですけれど、描かれているのは「福祉」の問題なのです。

ゾンビ化が進行していく母を、主人公である息子はどう支えていくのか。そもそも「息子がどう支えていくのか」という問いが正当なのか。

また介護の問題を念頭に描かれているのは承知しつつも、育児に奮闘する自分にもすごく身にしみる言葉がたくさん出てくる物語でした。
じわっと泣けます。じわっと。

堅苦しくなりがちな「福祉」というテーマを、「ゾンビもの」のキャッチーな衣で読者に届けてくれるステキな作品です。
多くの人にこの作品が届きますように!

★★★ Excellent!!!

この物語は紛れもなくリアルである。

……え? 母親がゾンビになるなんてリアルではありえないって?
ふむ、なるほど。では少し考えてほしいのだが、自分の親が認知症やアルツハイマーを患ったとしたらどうなるか。
思考は後退し、食事や排せつも含めて日常生活はままならなくなる。
実の子供だということもわからずに強くあたられることもある。
介護疲れがために痛ましい事件も起きていることも見ないふりはできない昨今だ。

繰り返す。この物語は紛れもなくリアルである。
ゾンビになりゆく母親を支える主人公が思い悩むさま、彼を取り巻く環境や衆人の目、社会的な支援の仕組みなどが忠実に描かれている。
どうだろう。あなたの親がまだ健在なのであれば、今のうちにこの物語を読んでおいたほうがいいんじゃないだろうか。

★★★ Excellent!!!

高齢化社会が進む現実の日本を、ゾンビ化が進む架空の日本に当てはめて書かれた作品なのだが、作品内の出来事はただのフィクションとは感じられず、ゾワっとする。
ゾンビ化が進む母親に対して、悩みながらも未来をしっかり見据えて進んでいく主人公の姿は、きっと読者全ての来るべき未来の姿なのだろう。
「小説」なのだからこの作品には「終わり」はあるが、読み終えた後の我々に待っているのは、高齢化社会という現実だ。
ただのフィクションではない凄みに纏われた新しいゾンビ作品がここに誕生したのだ!

★★★ Excellent!!!

良くあるゾンビ映画はゾンビに襲われるという殺伐とした恐怖と、追い詰められた人々の狂乱、逃げ場のない悲壮感。そこから逃げき合った後の解放感、逃げきれず終幕する終劇、そんなイメージかもしれない。

しかし、これは違う。それだけではない。
どれだけゾンビに身を切り刻まれて苦しむ痛みというよりは心の痛みである。もちろん、ゾンビに襲われる恐怖が無くなったわけでは無い。

これは、適切な表現か分からないかノイローゼになりそうな苦悩と葛藤とどう向き合うか、それをゾンビという題材を使用して描いている様にも感じる。
まだ完結していないので分からないが、この話の先に解放感と言ったものがあるゾンビ話なのか、絶望の終幕が待っているのか、それを目頭を熱くして読み進めるのも一興だと私は感じました。

★★★ Excellent!!!

ゾンビ禍と呼ばれる大事件の後、日常を取り戻した世界でゾンビの驚異はなくなった。表面上は。

ゾンビの発生は根絶できていないが、適切な治療によってゾンビ化は防ぐことができる。人類はゾンビとうまく付き合い始めている。
ただし、兆候の早期発見と適切な投薬が重要となる。
怠れば身内を含めた生活が、人生が崩壊していく……

誰しも自分の愛する人が変わってしまうこと、もう元には戻らないことを簡単には受け止められない。その人の考えや生き方も尊重してあげたい。
そうして問題に踏み込めず、先延ばしにしていればやがて取り返しのつかない事態に陥ってしまう。
親族介護が抱える辛さを的確に捉えた描写は、まるで我が身のことのように感じてしまいます。

認知症を連想させる、新しいゾンビモノの切り口は非常に面白いし、挑戦的です。
逃げられない介護という現実にどう向き合うのか。
そして人類は、本当にゾンビという存在を受け止めていけるのか。
今後の展開も非常に気になる作品です。

★★★ Excellent!!!

少子高齢化真っ最中の現代社会において、決して目を背けることができないのが介護問題である。しかし重要な社会問題であっても、普通に書いてしまっては説得力やリアリティの面でノンフィクションに負けてしまう。
どうせ書くならばフィクションならではの一捻りが欲しいものだ。
そして本作で作者が現実を捻るための道具に選んだのが「ゾンビ」だ。

ゾンビ禍によって妻と子を失い、年老いた母親と2人暮らしをするサラリーマンの主人公。しかしある日、医者から母がゾンビになったという宣告を受けてしまう。

ゾンビになった母の面倒を見るという設定は一見ギャグっぽいのだけれど、実際に読んでみるとそんな生易しいものではない。
ときどき異様に怒りっぽくなったり物忘れが激しくなったりする母。主人公はそんな母にイライラしつつも我慢して根気強く接しなければならない。
ずっとこんな調子だったら割り切れるのに、調子のいい時は以前の母と変わりないというのがますます辛い。

これだけだとただの介護ものなのだが、本作では母の病気の進行次第では、母を殺さなければならないというよりキツイ問題が待っている。
かつてゾンビと化した家族を殺した男は、この母とどのように歩んでいくのか。
現実とSF的設定を絶妙に織り交ぜたバランス感覚が素晴らしい一作だ。

(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=柿崎 憲)

★★★ Excellent!!!

慢性ゾンビ症。

ゾンビウィルスに感染した人間の多くは、急激に肉体が腐敗して認知能力もなくなるため、倒すべき対象となる。

やられたくなければ、家族でさえもやるしかない。

しかし、見た目に大きな変化が無く、緩やかに認知能力低下して、言動がおかしくなっていく『慢性ゾンビ症』に感染した家族は?

この作品は、慢性ゾンビ症と診断された母を、自宅で介護する主人公の物語。

ただのゾンビ小説、ではない。

★★★ Excellent!!!

新たなゾンビストーリーと呼ばれるものでしょう。
ゾンビと戦ったり逃げたりする訳ではなく、平和的に……されど苦悩しながら共に生きて歩んでいく。現代社会の介護問題や少子高齢化問題にも通ずる点が見当たり、現代ドラマとしても成り立っています。
人間味溢れるゾンビとの共存、興味を持った方は是非一度読んでみて下さいませ。

★★★ Excellent!!!

はっきり言うなら、冒頭から、文章力から、意外性から。
全てにおいて惹きつけられます。
ゾンビですね。
だけど、これは面白い。
着眼点が、文章力が本当によく出来ています。
これから先、どうなるか。
楽しみでもあります。
という事で、先ずは.....読め!!!!!