ウラガーン史記 墜星の滴

作者 増黒 豊

文字が網膜を灼き、その熱が黒き龍と化して全身を廻る怪作

  • ★★★ Excellent!!!

腐敗し堕落した国家を砕き、新たな国を作る。言葉にすると簡単であり、また我々人類の歴史の中でも何度も起こったことです。

しかし悪とは何か?
正義とは何なのか?
正しき国とはどういったものであるのか?

答えに詰まる問いかけを、この作品は強く訴えかけてきます。いいえ、強いなどというレベルではありません。一つ一つの言葉が、重く深く痛いのです。

奪うことをせず生きられる世のために、奪わないために、自分達がその最後の一人になると決めた者達。
愛する者の瞳に映る自分がいつも笑顔である世を願い、己にしかできぬことを為す者達。
追い、求め、示す者達。
そして変わりゆく者、決して変わらない者。

この物語にモブはおりません。史記なのですから、全員が主人公です。
登場人物一人一人に心があり魂があり、正義があり生き様がある――その事実を、圧倒的な筆致と熱量で叩き付けられます。

悪の化身である龍、善の象徴である精霊、力を意味する盾、守るものを示した斧。
これらが一つに描かれた旗と世界は、現在十五章の段階でいまだ戦乱と動乱の激しい風に荒れ狂い、翻ってははためいてまだその形は未知です。

この風が凪いだ先には何が待ち受けているのか?
あの雨が止んだら、どんな世界が拓けるのか?
始まりの終わりを、必ずや見届けたいと思います。



☆ここでお得情報☆

今作は、前作でありながら史記の終章を描いた『ウラガーン史記目録』の開始一節部分となっています。

未読の方は、是非前作も読んでいただきたい!
読まずとも熱く燃えること間違いなしですが、前作を知っていると思わずニヤッとしてしまう嬉しいファンサービスがあるのです♡

前作を既読の方は、私のように喜びのあまり悶え転がって前作を読み返したくなる心憎い演出も一緒に楽しんでください(笑)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

節トキさんの他のおすすめレビュー 153