kalaviṅka

作者 望月結友

繊細な表現で描かれた本格派サイバーパンク

  • ★★★ Excellent!!!

舞台は近未来、電脳空間と現実が交錯する世界での犯罪捜査の物語。物語では、現実世界に浸透した仮想現実、拡張現実が丁寧に描かれている。

本作の魅力はなんと言ってもその描写にあると思う。情景描写や心理描写……ありとあらゆる表現が美しい。言葉の選び方はもちろん、言葉の使い方や言い回しが絶妙なのだ。私ごときが言葉だけで説明することは難しい。ぜひ読んで、表現を目の当たりにして、感じてほしい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

クレアの満ち足りた少女時代は突如として終わりを告げた。
連邦捜査局に勤める勇敢な父、脳科学の研究に従事する母、
クレアが気に掛けてやまない義理の妹、そしてクレア自身。
新興宗教が引き起こした自爆テロ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

近未来を舞台に宗教組織に絡む犯罪と対峙する事になった車椅子の捜査官クレア=モーリスの活躍を描くSFクライムストーリー。

物語の背景にあるヴェーダ神話・ブラーフマナ神話のエッセンスと、劇中に於いてク… 続きを読む

暁烏雫月さんの他のおすすめレビュー 58