kalaviṅka

作者 望月結友

人と電脳と愛、美しきサイバーパンク

  • ★★★ Excellent!!!

近未来SF×電脳空間×犯罪捜査という王道サイバーパンクの本作、これだけでも読み応え抜群ですが、とにかく『人の表現』がとても上手い!

本作に使用されている情景描写、心理描写、形容から動作などの表現は輝く宝石の如く美しく鮮やかで、それらの巧みさに魅了されました。
また、それを可能にしているのは筆者の豊富な知識であるという事も、織り込まれた表現から読み取ることが出来ます。

登場人物、特に天才新人のヒロイン×ベテランのおっさん捜査官のバディは相性抜群。ちぐはぐな二人の掛け合いはやみつきになります。
他にも臨場感溢れるアクション、重厚的でシリアスな物語の中に垣間見るユーモラスなど、ハマる要素が盛りだくさん!

きっと、あなたもこの世界に引き込まれる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

クレアの満ち足りた少女時代は突如として終わりを告げた。
連邦捜査局に勤める勇敢な父、脳科学の研究に従事する母、
クレアが気に掛けてやまない義理の妹、そしてクレア自身。
新興宗教が引き起こした自爆テロ… 続きを読む

天野維人さんの他のおすすめレビュー 36