kalaviṅka

作者 望月結友

本格派にして王道、これぞSF!

  • ★★★ Excellent!!!

 雑多な世界観、ネットワークの発達した電脳空間時代、そして文明的な爛熟期であるにもかかわらず、荒んだ退廃の漂う雰囲気。その中で、テロに全てを奪われた女性の物語が始まります。デジタルデータは愛を表現できるか…0と1の集合体で、愛という感情、現象、欲求は再現できるか。今、スマホでゲームに課金しながらも、パートナーも子供もいらない世代が増えているからこそ、読みたい作品だと思います!オススメです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

クレアの満ち足りた少女時代は突如として終わりを告げた。
連邦捜査局に勤める勇敢な父、脳科学の研究に従事する母、
クレアが気に掛けてやまない義理の妹、そしてクレア自身。
新興宗教が引き起こした自爆テロ… 続きを読む

ながやんさんの他のおすすめレビュー 242