その指先に、火を灯す。

作者 朝乃日和

近い将来、銃が必要でなくなる!?

  • ★★★ Excellent!!!

 まさにタイトルの通り、暗殺者の商売道具でもある銃の存在について、ふと考えてしまう作品です。実際にこんな能力があれば、日常生活において色々と便利そうですね……
 1000文字前後という文字数でありながら、話が見事にまとまっています!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

月影 夏樹さんの他のおすすめレビュー 102