その指先に、火を灯す。

作者 朝乃日和

脳が喜ぶ感じ

  • ★★★ Excellent!!!

最近、小説の面白さのひとつは脳がハッとすること、とどこかで読んだのですが、まさにこの小説は脳が喜ぶ感じのするお話でした。
ありがとうございます!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

嵯冬真己さんの他のおすすめレビュー 77