悪役腐令嬢様とお呼び!

作者 節トキ

227

87人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

物語の舞台(設定や人物態度含め)は現代の良いところと中世ヨーロッパの良いところのみを厳選した都合の良い空想世界です。
当方は貴族の厳しい規律の中でキャラがどう足掻くか楽しみにするタイプの為早期離脱ですが、自分の思うままにぶち壊して進むタイプの物語が好きな方は面白いと感じるのではないでしょうか。
また、中身19歳とは思えない言葉遣いの会話が多いです。罵り合い系女キャラが好きな方は好きなのかもしれません。

★★★ Excellent!!!

 この作品、言ってみれば悪役令嬢物という種類の作品である! ある……ある!?
 そもそも私自身、悪役令嬢物を読んだことがないので、それがどういうものかは分からない。だからこの作品で勉強出来たらいいなぁ♪ なんて思いも少なからずあった。
 が、しかし。多分違う! いや、絶対違う!!!
 読まなくてもわかる! 普通の悪役令嬢物とは絶対に違うんです!

 何が? って、主人公である大神那央の腐りっぷりが酷いのなんの、南◯陽子なんです。
 その、大神那央19才女子は自他共に認めるBL大好き、スーパー腐女子!!!
 その彼女、なんと速攻で死にます。(笑)
 そして、なんとなんと彼女は生前、嫌々プレイした乙女ゲームの世界に生まれ変わってしまったのです!
 しかも、ヒロインをいじめ倒すライバルの悪役令嬢に! ちなみにこの悪役令嬢のクラティラス・レヴァンタ、どのルートを辿っても必ず死ぬという運命にある。
 ゲームをクリアした彼女にはそれが分かってしまっていた……。

 生まれ変わった世界で、どんな腐った生き方をするか。デスルートを回避できるのか!?
 彼女の運命はいかに!!!


 とまぁ、そんな彼女の一人称視点で語られる超ハイテンション物語。生前の大神那央の記憶が蘇ったあたりから、あっちへ行っても腐。こっちへ行っても腐なんです。
 ツッコミ所満載なのに、筆力や構成力が高いからもはやカオスでしかない。(笑)
 BLなんて全然興味のないおっさんが腹抱えて笑ってしまうんです!(笑)
 多分作者様は頭おかしい……良い意味で(小声)

 しかし、しかしですよ! 先程も言ったように筆力が高いんですよ! バリッバリのコメディーなのに、必要な情景描写やその世界の価値観や暮らしが過不足なくしっかり描かれているんです!
 だからこそ脳内にクラティラスとして生まれ変わった彼女の生活がしっかり再生できる!

続きを読む

★★★ Excellent!!!

 三段重ねのおせちを想像してみてください。
 1段目は全部発酵食品、2段目はもぎたて腐ルーツ(もぎたてなのに腐ってるだと!?)
 そして3段目は――。
 限りなくディープな沼の底には、なんとも清らかな世界が広がっていた!
 読めばわかる、それしか言えぬ!
 まだ全部読んでないんですが、とにかく面白いんでレビュー書いちゃいました。
 最後に一句。
 腐萌え沼、みんなでハマれば、こわくない!

★★★ Excellent!!!

2020年2月6日現在の最新話、「アステリア学園中等部二年
友情危機一髪  腐令嬢、なりきれず」まで読んでの感想です。

およそ37万字を、数日かけてほぼ一気読みしてしまいました。
だいたい文庫3~4冊分くらいでしょうか。

正直に告白すれば、普段悪役令嬢ものも漫画で1~2冊読んだくらいで、
そもそも乙女ゲームをほとんどやったことがありません。

そしてBL、これもまた一時期読んでいたこともありますが、
ここ最近の流行などはさっぱりわからずというくらい、
恐らく読者としては作品との距離がありすぎる位置にいると思います。

ですが、読む手が止まらず、最新話を読み上げるまではコメントも書くまいと(コメント欄も面白すぎて)、ただひたすらお腹を抱えて時に笑いが止まらなくなりつつ読み上げることができました。

面白い物語は、たとえ使われている言葉がわからなくても読み続けてしまうという経験は、読書を始めた当初のことを思い出すくらいです。

正直、主人公たちの話す言葉は、当初かなりちんぷんかんぷんでした。
でも、それすら勢いと語感だけでほぼ乗り切れます。

ときに検索をして、そんな意味があったのかと(くっころごっこなど)、
普段目にも耳にすることもない用語を覚え、主人公のBL熱意にのけぞりつつ、
笑い転げてハマっていく少女や大人たち? と一緒に新たな萌の世界を楽しむことができました。

そう、この物語はもともとBLを知っている人だけでなく、
むしろ縁遠かった人にもお勧めします。

なにせBLを毛嫌いするヒーローという対極の存在も登場するからです。
BLを愛するヒロインと、微百合を求めるヒーローの対立が緩和されることはありません。

ですがこの二人の罵倒対決ももう芸の域に達しています。
BLや百合という新たな世界以上の、こんなコメディあったのか! という驚きと、キャラクターたちの強い強い… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

物語は底抜けにおバカで、おバカで、まぁおバカです。
キャラの濃さ、テンポの良さ、どれをとっても、これだけおバカを貫くことができるというのは、もはや才能です。

ただ、いちばんの才能は日本語能力、そして『遊ぶ力』
日本語のリズム、日本語の持つ味わい、日本語の持つ自由さ。
それらを全力で使い、そして、全力で遊ぶ。
この遊ぶ能力の高さが、本当に高いのが本作品。

文章を書いていると、それで遊ぶことの難しさは身にしみてわかります。
やりすぎると鬱陶しいし、やり足りないとなんとなく寒い。
ところがそれを、まるでそれ用に言葉が存在しているように、適量を使い自在に遊ぶことのできる能力。

さすがとしか言えません。

おバカな作品の後ろに隠れる、しっかりとしたセンスと実力。
書籍になる価値とは、そういうところにあるんだと実感できます。

★★★ Excellent!!!

事故に遭って転生した先は、乙女ゲームの……死亡エンドが確定の悪役令嬢クラティラス!?

というともすれば暗くなりそうな始まりですが、すべてをBLが救います!
誤字じゃありません。
大事なことですから二回言いますよ?

す べ て を B L が 救 い ま す !

キャラクターの個性の強さ、吹き出さずにはいられない台詞の数々、随所に炸裂するパワーワード、コメディとシリアスのバランスなど、すべてが高水準で楽しめる作品です!

まだ中等部ですが、続きが気になって仕方がありません!

悪役腐令嬢の素晴らしき腐女子ライフ、皆様もぜひご堪能ください!(≧▽≦)

★★★ Excellent!!!

ゲームの世界転生ものですが、他とは一線を画します。

悪役令嬢がBLを布教していくストーリーです。ヒロインはBL属性ありですが、BL苦手でも問題ないです。BL妄想が面白いです。

第1回ファミ通ゲーム部門受賞作なので、来年に狙ってるかたにも勉強になるでしょう。

腐リーダム、ウ腐腐フフン腐フン♪、ウル腐フなどの腐のパワーワードが天才的です。

キャラたってます、主人公の性格が面白いです。周りのキャラも濃いです。

抱腹絶倒なコメディだけでなく、意外な事実、次が気になる展開もあります。シリアスな部分とコントラストもうまいです。

まだ途中なんで、今後の展開が気になります!

★★★ Excellent!!!

もう何度この作品に頬のしまりを奪われ腹筋を鍛えられたことか!

悪役令嬢が世界にBLを腐教していく独自の展開もさることながら、作者の節ときさんの類稀なる言葉のセンスに毎回冷静な自分が殺されていく……!

読者が腐女子である必要はありません!全人類楽しめる軽快なラブコメです!

★★★ Excellent!!!

最初に正直に申し上げますと、現時点で自分はまだ初等部の途中までしか読んでいません。
それでもこの小説がクソ最高オブ最高の悪役令嬢物語であると確信したので、レビューさせていただきました。

出てくる語彙のパンチ力、主人公をはじめとする濃ゆいキャラクターたち、想像の斜め上をいく展開。だって乙女ゲー転生なのに、王子との出会いがまさかあんなにクソだなんて……勘違いなさらないでくださいこれはすごく褒めてるんです。すっっごく。
そして、やはり特筆すべきは、それらをきっちり物語として破綻せずにまとめ上げる筆力でしょう。

とても質の高いコメディなのに、主人公の背負った運命の悲惨さや、前世の友人との絡みが物語にどこか影を落としています。これらが今後、どう物語に影響を与えていくのか楽しみです。
さぁ、早く続きを読まなければ!!
この腐った物語の世界に、みなさまもぜひ一歩足を踏み入れてください。沼からはもう抜け出せません。