その指先に、火を灯す。

作者 朝乃日和

読後、タイトルを見て納得。

  • ★★ Very Good!!

主人公は、どうするのだろうかと思いながら読み進めましたが……。

最後まで読んで、「そうきたか」と感じ、タイトルを見直して「なるほど」と思いました。
そういう意味だったのか、と。

本当に短いお話なので、読むことをおすすめします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

泡沫 希生さんの他のおすすめレビュー 522