無神論者たちの唄

作者 陽澄すずめ

SFアクションエンターテイメントの名はダテじゃない!

  • ★★★ Excellent!!!

この作者さんの書く物語、何本か読ませていただいてますが、どの作品もとにかくクオリティーが高い!
とくにエンターテイメントに振り切ったストーリー、キャラクター、立体的なアクションシーン。
この三つが融合しているのが素晴らしいんです。
こういう作品を書くのは実はすごく難しいと思うのですが、スタートからラストまできっちりと物語を書ききっておられます。

ということでこの作品、『生体義肢』というのを移植された特殊工作員キッカの活躍を描く物語です。
腑に落ちない依頼を引き受けたことから始まる逃避行、容赦のない正体不明の敵の追撃、やがて明らかになる巨大な陰謀。
ノンストップアクションで物語は転がっていきます。
そして全てが明らかになった時、キッカと相棒のソウマの反撃が始まります!
もうね、血がたぎる展開なんですよ、つねに。

今回の作品もそうですが、まわりを固めるキャラクターも個性派ぞろい。
でもやっぱりヒロインのキッカが一番ですね、美人で大食いでクール、もう最高ですよ。
相棒のソウマも面倒な奴ですが、これがまた実はめんこい奴で(笑)
そんな二人を囲むキャラクター達も印象深くて物語をぐいぐいと盛り上げていきます。

もう一つだけ付け加えたいのは、この物語の構成ですね。
バックグラウンドにもう一つの物語が隠されているのですが、この二つがまじりあう瞬間がすごく良いんです。
これは読んでのお楽しみになると思いますのでお口にチャックですね。

とにかく手放しで面白く、夢中になって読める作品です。
ぜひ読んでみてください!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

雰囲気は銃夢に似ている。パクリを意味するのではなく、閲覧者に作品紹介するならば…の視点で、雰囲気だけです。
雰囲気が似る主因はヒロインを主役に据えているから。肉体能力に秀でていても、精神的な見守り役… 続きを読む

関川 二尋さんの他のおすすめレビュー 834