灯りにならない

作者 夏陰とかげ

1話目から読む

ユーザー登録をしよう!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

目次

連載中 全50話

更新

  1. 灯りにならない
  2. 死体みたいだ
  3. 余計なお世話なんだよ
  4. 棄てられた人格
  5. 桃に近い
  6. 鬱金香
  7. 知るもんか
  8. 読めないの
  9. すべてを食べきる頃には
  10. 関わらない
  11.  
  12. 手品をする
  13. 怖くない人には判んないよ
  14. やっぱり
  15. ほら、何も起きない
  16. 鳥とか、いますか?
  17. 爪を噛むみたいに
  18. 英の部屋
  19. ミネラルウォーター
  20. べつに要らない
  21. PKとかでね
  22. 持って帰るの
  23. 同じよ
  24. 綺麗にしなくていいのに
  25. いっつもそうだ
  26. 下等な冗談
  27. 白がないや
  28. 形だけ
  29. 指が切れてしまうよ
  30. 蛍と光るキーホルダー
  31. ケーキを焼いたんだよ
  32.  
  33. 水槽?
  34. 自分では食べない
  35. 幽霊なんか出なくったって
  36. そんな割れたペンダントで
  37. べつにいいや
  38. たまに鼠を盗むけれど
  39. 「楽しかったね」
  40. 花なんて面倒臭い
  41. 薄い膜
  42. 肩がぶつかってしまうくらいに
  43.  
  44. ずっと喋っていたでしょう
  45. 誕生日だから、ケーキを焼いて。
  46. いっそ優雅にさえ見える
  47. 小さな面倒
  48. 濡れた人間
  49. 魔法なんて
  50. 冷たくはない
  51. 同じ名前ってだけ
  52. 綺麗な手だね
  53. 火を見たいじゃん

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!