亡国のプリンツェッサ【旧作】

作者 蜂蜜 最中

44

  • 残酷描写有り
  • 暴力描写有り
  • 性描写有り

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全175話

更新

  1. 彼方なる者より此方の者への箴言
  2. 祝福
  3. 第一部【亡国のプリンツェッサ】
  4. 序章『英雄の後継者』
  5. 序章1 英雄の後継者
  6. 序章2 取るに足らない日常の朝
  7. 序章3 食卓という名の戦場
  8. 序章4 国の行く末への憂い
  9. 序章5 竹馬の友 一
  10. 序章6 竹馬の友 二
  11. 序章7 実技訓練
  12. 序章8 現人神―アラヒトガミ―
  13. 序章9 闖入者
  14. 序章10 辞令
  15. 序章11 昇進
  16. 序章12 帰路の合間に
  17. 序章13 邂逅
  18. 序章14 大天使―アークエンジェル―
  19. 序章15 落下
  20. 第一章『広がるは、彼岸の都』
  21. 第一章1 走馬燈
  22. 第一章2 アンナ・アンダーソン
  23. 第一章3 大鬼
  24. 第一章4 狗神―グール―
  25. 第一章5 黄金の祈り
  26. 第一章6 東京駅
  27. 第一章7 黒色の魔性
  28. 第一章8 声
  29. 第一章9 天之尾羽張―アメノオハバリ―
  30. 第二章『魔都・東京』
  31. 第二章1 彼女の望み
  32. 第二章2 叱咤
  33. 第二章3 神は乞われるもの
  34. 第二章4 大浴場
  35. 第二章5 お嬢様とのお買い物 一
  36. 第二章6 お嬢様とのお買い物 二
  37. 第二章7 魔都たる所以 一
  38. 第二章8 魔都たる所以 二
  39. 第二章9 騒々しい昼餉 一
  40. 第二章10 騒々しい昼餉 二
  41. 第二章11 明け色の天女
  42. 第二章12 尺度の違い
  43. 第二章13 英雄との会談 一
  44. 第二章14 英雄との会談 二
  45. 第二章15 闇夜の襲撃者 一
  46. 第二章16 闇夜の襲撃者 二
  47. 第二章17 囚われの聖女 一
  48. 第二章18 囚われの聖女 二
  49. 第二章19 水の魔術師 一
  50. 第二章20 水の魔術師 二
  51. 第二章21 水の魔術師 三
  52. 第二章22 聖遺物の担い手
  53. 第二章23 炎の魔人
  54. 幕間
  55. 幕間
  56. 第三章『彩花寮』
  57. 第三章1 判決 一
  58. 第三章2 判決 二
  59. 第三章3 激励
  60. 第三章4 彩花寮
  61. 第三章5 使命
  62. 第三章6 學天則
  63. 第三章7 藤ノ宮瑞乃
  64. 第三章8 吾妻橋権三郎
  65. 第三章9 再会
  66. 第三章10 蕾が咲くのを待って
  67. 第三章11 茶の湯
  68. 第三章12 引き渡し
  69. 第三章13 光喜の私室
  70. 第三章14 明日に備えて
  71. 幕間
  72. 幕間
  73. 第四章『彼岸の都再び』
  74. 第四章1 鍵
  75. 第四章2 逢魔ヶ刻 一
  76. 第四章3 逢魔ヶ刻 二
  77. 第四章4 黄泉比良坂
  78. 第四章5 牛鬼
  79. 第四章6 露西亜の介入
  80. 第四章7 帰還
  81. 第四章8 お嬢様とのお買い物再び 一
  82. 第四章9 お嬢様とのお買い物再び 二
  83. 第四章10 お嬢様とのお買い物再び 三
  84. 第四章11 ウラジミール・アレンスキー 一
  85. 第四章12 ウラジミール・アレンスキー 二
  86. 第四章13 敗残兵
  87. 第四章14 第二階梯の祈り
  88. 第四章15 激憤の焔 一
  89. 第四章16 激憤の焔 二
  90. 幕間
  91. 幕間
  92. 終章『亡国の姫君』
  93. 終章1 任命
  94. 終章2 死地への行進
  95. 終章3 独白【アンナ】 
  96. 終章4 独白【悠雅】
  97. 終章5 八十火産霊・十拳の祝
  98. 終章6 国津神 対 智天使 一
  99. 終章7 国津神 対 智天使 二
  100. 終章8 国津神 対 智天使 三
  101. 終章9 顕現
  102. 終章10 旧支配者ーThe Great Old Oneー
  103. 終章11 斬魔調伏
  104. 暖かな小春日和に包まれて
  105. 暖かな小春日和に包まれて 一
  106. 暖かな小春日和に包まれて 二
  107. 第二部【ツァレーヴィチの堕天】
  108. 復讐者の狼煙 一
  109. 復讐者の狼煙 二
  110. 序章『影二つ。轍一つ』
  111. 序章1 名
  112. 序章2 甘さと優しさ
  113. 序章3 皇国図書館 一
  114. 序章4 皇国図書館 二
  115. 序章5 皇国図書館 三
  116. 序章6 皇国図書館 四
  117. 序章7 ジェレヴェンコ
  118. 序章8 機械仕掛けの武者
  119. 第一章『狂騒の双子』
  120. 第一章1 異界の謎
  121. 第一章2 憎悪に満ちた瞳
  122. 第一章3 牛鍋
  123. 第一章4 占い師
  124. 第一章5 キザイア・メイスン
  125. 第一章6 開かれる特異点
  126. 第一章7 黒縄
  127. 第一章8 長門
  128. 第一章9 ミ=ゴ
  129. 第一章10 一九四六年
  130. 第一章11 瑞乃の神格化
  131. 第一章12 要求
  132. 第一章13 ロイガー&ツァール
  133. 第一章14 対ロイガー 一
  134. 第一章15 対ロイガー 二
  135. 第一章16 恥の記憶
  136. 第一章17 焔神 一
  137. 第一章18 焔神 二
  138. 第一章19 無力な私にできるコト
  139. 第一章20 改港鳥籍
  140. 第一章21 太陽を落とす
  141. 幕間
  142. 幕間
  143. 第二章『悪意を追って』
  144. 第二章1 ドミトリー・ニコラツェフ 一
  145. 第二章2 ドミトリー・ニコラツェフ 二
  146. 第二章3 瑞乃の祈り
  147. 第二章4 扉を開けるとそこは汚部屋だった。
  148. 第二章5 幼子の愛で方
  149. 第二章6 薔薇の香り
  150. 第二章7 杉山泰道
  151. 第二章8 続・圧迫面接
  152. 第二章9 国の癌
  153. 第二章10 無知を恥じる
  154. 第二章11 多頭竜の伝承
  155. 第二章12 自己愛の欠落
  156. 第二章13 襲撃
  157. 第二章14 激突
  158. 第二章15 鋼の巨兵
  159. 第二章16 廃人
  160. 第二章17 怪僧
  161. 第二章18 裏切りの銀
  162. 幕間
  163. 幕間
  164. 第三章『罪の在り処と罰の所在』
  165. 第三章1 決意
  166. 第三章2 天津神―アマツカミ―
  167. 第三章3 ド・マリニーの時計
  168. 第三章4 ルルイエ
  169. 第三章5 クォデネンツ
  170. 第三章6 Den lille Havfrue
  171. 第三章7 空廻り往く、天ノ鳥船
  172. 第三章8 這い寄る病みの八雷神—ザプリェット・チョルノヴォーグー
  173. 第三章9 彼女の祈り
  174. 第三章10 祭壇
  175. 第三章11 空より落ちる黒の星ーチェルノヴイリ・アポカーリプシスー
  176. 第三章12 遺言
  177. 終章『綿津見の天』
  178. 終章1 彼の真意
  179. 終章2 水の王
  180. 終章3 多頭竜の軍勢
  181. 終章4 魔剣
  182. 終章5 降臨
  183. 終章6 大神の霊威・禊祓え
  184. 終章7 星の王の落日
  185. 八咫烏が向かう先
  186. 懺悔 一
  187. 懺悔 二
  188. 告白
  189. 聖上 一
  190. 聖上 二
  191. 第三部【英雄のミフォローギア】
  192. いつか見たあの景色
  193. 序章『番』
  194. 序章1 焦燥
  195. 序章2 離れぬように
  196. 序章3 通う心
  197. 序章4 理想を追う
  198. 第一章
  199. お知らせ