亡国のプリンツェッサ【旧作】

作者 蜂蜜 最中

人の歴史とは即ち、戦いの歴史である

  • ★★ Very Good!!

 同じ種同士で共食いをする生物は数あれど、殺意を持って殺し合う生物は、この世に二つとないだろう。
 遺伝子に組み込まれた闘争本能。新たな戦いを生み続け、さらなる殺戮の手段を獲得し、戦いは激化と進化を遂げる。
 進化せよ、覚醒せよ、激化する殺戮よりもずっと。

「あんたの憂いは俺が晴らすよ。俺が、この国の剣になる」

――亡国のプリンツェッサ――

 強く。早く。
 青年よ、英雄を超えろ。

* * *

 と、ちょっと粋った感じで紹介してみました。
 まだまだ多くの話を残した段階でレビュー致しましたのは、自分の期待値の現れだと考えて頂きたく思います。
 これからもさらなる繁栄を願い、応援しております。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

七四六明さんの他のおすすめレビュー 14