ルクトニア領百花繚乱円舞曲

作者 武州青嵐(さくら青嵐)

優しく不器用な(女装)王子様と(勇敢な)お姫様の物語―でも番外編が最高

  • ★★ Very Good!!

 勇壮な叙事小説、所謂、貴種流離譚―でも、本当は優しく不器用な王子様とお姫様の物語。
本当に可愛くて素敵なお姫様と傲慢だけど実は優しい王子様の、少しじれったい恋物語。

 …なのですが、番外編がっ!番外編がカッコよすぎるのです!!
番外編は後日譚が描かれているのですが、それが皆カッコイイ!
皆カッコイイのですが、中でもウィリアム!ウィリアムがカッコよすぎるのです!!
って感嘆符連発していますが、それくらいカッコイイのです!

 以下、少しウィリアムに関してのネタバレがあります。気になる方は読まないでくださいませ。

















 『ルクトニア一の色男』で『ユリウスの死刑執行人』―――二つ名だけでもカッコよさ全開ですが、それだけでは到底彼のカッコよさは語り切れません。
容姿も大事、強さも忠誠心も大事な要素ですが、一番大事なのはそう、中身です。
このお話の作者様はとても丁寧に人物を描かれるのですが、ウィリアムも例にもれず素晴らしい。内面が男前なのです。
 本編ではさほど活躍を描かれていないのですがその分、ギャップが半端ないのです。
番外編のユリウスのエピソードでも、彼を喰う活躍ぶりです。ユリウス編では、外からみたカッコよさを描かれていて、ウィリアム編ではウィリアム視点で描かれています。二度おいしいですね。
なんかもう、番外編なのがもったいなく、いっそのことウィリアムが主人公のスピンオフ作品で長編が読みたいくらいカッコイイのです。
レビュー時点ではまだ完結していないので、更新が楽しみで仕方ありません。

 末筆ながら、作者様、本当にありがとうございます。今後とも更新、とても楽しみにしています。

長文失礼しました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

白兎黒烏 【しろー・Crow】さんの他のおすすめレビュー 1,598