ルクトニア領百花繚乱円舞曲

作者 武州青嵐(さくら青嵐)

多分、期待してるその女装ジャンルじゃないけど、面白いよ!

  • ★★★ Excellent!!!

これは読み始めると止まりません。
いや期待と違う路線ではあったのですが、面白くて。

意識が飛びながら読んだりレスしたりしていたので、
レスが何だか良く分からないことになっていました。
全部読んでいただいたようで・・すみませんでした。

非常に読みやすい上に止められないシロモノなので、
うかつに手を出してはいけません。

いつもは区切りまで一通り読んだらレスをして終了、
レスが多い時には絞ったりまとめたりするのですが。

ジャンル違いだから一つ読んだら止めようを何度も
繰り返した結果・・最後まで読んで寝落ち(気絶)。

面白かった です
かゆい うま

・・・

あ、うろ覚えの例の現象は今は不良用?みたいです

『闘気と威圧感により体を巨大に・別人に見せる』
『これは不良共の間では もはや常識であるが―』

昔は超人でさえ体のサイズが大きく見える「だけ」
だったのに、今や性別?位は変わって見えるらしい

※要・闘気

要約、今北産業:
大物は大きく見える=彼女が大きく見えるのは錯覚
なお今時の若いモンは人相や性別も変わるそうです
闘気で。

マジレスするとジロジロ見るには恐れ多いだけだよ
あと工夫してるよ
錯視で。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★ Very Good!!

 勇壮な叙事小説、所謂、貴種流離譚―でも、本当は優しく不器用な王子様とお姫様の物語。
本当に可愛くて素敵なお姫様と傲慢だけど実は優しい王子様の、少しじれったい恋物語。

 …なのですが、番外編がっ!… 続きを読む

@FuzzMiniさんの他のおすすめレビュー 11