すべてのテディベアを殺せ

作者 枕目

349

126人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

好きなアーティストがごく当たり前のことを言ってもすぐに感心する。
同じことを親が言っても何も響かない。人が殺されてもテレビのニュースを消したらおしまいだ。SNSに「ご冥福をお祈りします」と書ける程度には他人事なのだ。自分たちの実感なんてその程度のもの。骨に響き、身を斬る痛さなんて目前に迫らない限り何も伴わない。多くの人はこの主人公と同じで、見たいものしか見ず、聞きたいことしか聞かず、見たくないものには菓子やテディベアをかぶせている。何てリアルなんだろうとは思うが、それですら虚構であるこの構成。たまらんです。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

短編に長い文を添えてどうなるというのだろう。
ただ、私は短文がとても苦手だ。

何一つ、予想外の事は起きない。
それこそが悲劇のリアリティだ。
それはホラーのリアルでもある。

主人公性を剥ぎ取り、御都合主義を剥ぎ取ると、
他者に対する怠惰、相手の最適に対する怠惰は、
ごく「普通」に、その「運命」まで怠惰にする。

「なぜコイツを区別しなきゃならないんだ?」
いつだって、世界はモブのモブらしさの味方だ。

人にとって、人とは経験の産物としての技能だ。
前世であれ貰い物スキルであれ、技能こそ個だ。
ならば、英雄になる前の英雄は、こんなものだ。

彼は、英雄で居られるだろうか。
それとも、道半ばで止まるのか。

この「体験」の持ち主が、「技能」の持ち主だ。
それを借りるだけの物は、その道具でしか無い。
彼は英雄のように平凡だ。

大きさとは、区別もされない頭数のことである。
偉大さも、例外ではない。

< 最後は運だけどな それを言っちゃ御仕舞よ

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

子供の頃していたゲームを思い出します。

テディベアとは似ても似つかない敵キャラをやっつける。
というのは、とても面白くて。

お菓子を食べながらしていたような記憶があります。

子供では、ない今。

ゲームというのが、一種の産業化しているという

ニュースのようなサイトがあるのは、

特段意識せざるをえないでしょう。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

主人公に与えられた仕事はゲーム感覚で視界に入るテディベアを撃つこと――簡単なように見える仕事だが、その視界は検閲されていて――というストーリー。
その仕事内容と世界観・設定に引き込まれます。

その結末に、読後にいろいろなことを考えさせられます。

あなたはこの仕事をやってみたいですか?

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました