軌道砲兵ガンフリント

作者 冴吹稔

戦場は宇宙、敵は未知の生命体、武器は人型砲兵ロボットとヒューマニズム

  • ★★★ Excellent!!!

それはありふれた人間同士の戦争のはずだった。あるいは、
辺境から仕掛けられる無差別的なテロの鎮圧のはずだったが、
火星近辺の宙域で内惑星軍を突如襲撃したのは奇怪な「機体」、
否、宇宙空間で活動可能な何らかの「生命体」だと明らかになる。

転属先の火星へ向かう最中、その異様な敵襲に見舞われるクルベ。
手持ちのカードはほとんどなく、行き合わせた女性士官とともに、
ギリギリの窮地を切り抜けて、祈るよりほかない漂流を経験する。

10年前、木星宙域の人類社会は、その異様な敵襲により壊滅した。
辛うじて生き延びたマイヤーたちは劣悪な環境で救援を待ち続け、
少女アルミの17歳の誕生日、遂に動き出す。姫君に希望を託して。

アニメでお馴染みの巨大ロボットやその周辺機器が登場し、
飛び交う台詞は海外のSFや軍事もののように洒落ていて、
メカや宇宙の描写と説明は重点が押さえられて読みやすい。
それら要素を背景に描かれる重厚な人間ドラマが素晴らしい。

宇宙の本を読むのは好きで(一般向け科学の本、みたいなの)、
機械いじりにワクワクするタイプで(でも算数できない文系脳)、
骨太な戦史×人間ドラマは大好物で(主戦場は幕末までだが)、
本作には好みのポイントがふんだんに入っていて嬉しくなった。

巨大ロボットものの小説はウェブ上でも数本、目を通してみたが、
説明が逐一煩雑に書き込まれたバトルのテンポに不満を覚えたり、
逆に専門用語の説明もロボットの描写も稀薄で拍子抜けしたり、
好みだと思える作品には出会えていなかった。

やっと見付けた!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

本作は、日本のアニメが得意とする『人型ロボット』ジャンルであると同時に、若干マニアックな海外SF的な世界観も併せ持っている。さらにはサバイバル、ラブロマンス、駆け引きなどの人間ドラマまで見せてくれる… 続きを読む

馳月基矢さんの他のおすすめレビュー 340