ひと夏のソプラノを、君と

作者 真野絡繰

短すぎる思い出を乗せて、演奏を。

  • ★★★ Excellent!!!

切なく清らかで、なんてありきたりな言葉でしか表現できない自分がもどかしい。主人公の中ではきっと、このイントロは記憶と深く深く結びついた音なのだと思う。だから、読み手が思うよりずっと感情の動きは大きいはずだ。それを想像するだけで、なんだか泣きそうになる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夏野けいさんの他のおすすめレビュー 112