ひと夏のソプラノを、君と

作者 真野絡繰

切なさと感動の波

  • ★★★ Excellent!!!

過去と現在。
過去があるから、現在がある。
ふとした瞬間に過去を思い出して、一歩踏み出す主人公。
最後が爽快。
泣けます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

土御門 響さんの他のおすすめレビュー 335