初めてのラブレター

作者 結葉 天樹

193

70人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

期待を裏切らない王道ストーリーだからこそ、変に気を張らずに安心して読めます。
だからこそ、登場人物に寄り添うように、ダイレクトに読み手に気持ちが伝わり、そしてそのままラストにはキュン死します笑

こういう青春良いですね♪
きゅんきゅんしたい方におすすめですっ!

★★★ Excellent!!!

読み始めた瞬間、理解する。
ははん、これはこういう物語なんだなと。
読み始めた人のほとんどがおそらくオチまでのストーリーを完全に予想する。
そしてその予想はほぼ間違いなく当たる。

だが、それがいい!
それこそがいいのだ!!
奇をてらわないまっすぐな青春、まっすぐな気持ち、まっすぐな恋心!!
予想通りのストーリーを、予想を上回るドキドキとキュンキュンで描いてくる!
これは巧みオブ匠、まさに匠の優しさと技術の集大成だ。
あまーーーーーーーーい!!!

★★★ Excellent!!!

 短編に長々とレビューを書くのは無粋、単純にキュン死しますとだけ書いておきます。
 女子高生ながら、投稿サイト、恋愛部門常連のラブレター講座をとくとご覧あれ。

 (追記 こんな高校生活、送りたかった……ヾ(:3ノシヾ)ノシ

★★★ Excellent!!!

 世の中には、テンプレなどと馬鹿にする風潮があったりする。
 しかし、誰もが望み、誰もが満足する、そんな結末があるとすれば、それは王道と呼ばれるのだと思う。

 初めてのラブレター。
 音を奏でるような心地よさと共に読ませてもらった。
 軽口を叩き合う、気心を知る間柄でありながら、その恋心には鈍感。

 これぞ幼馴染み!
 これぞ青春の光!

 初めてのラブレター。
 紙飛行機となって、飛べ、その思い、届け。

 First Love letter.
 気になる、そのお返事は?
 See You Later.

★★★ Excellent!!!

小説を書いているから、と小さな頃から仲がよかった幼馴染の男の子が主人公にラブレターの書き方を依頼する。
わたしはその時点で恥ずかしくて悶えそうですが、その幼馴染の男の子は顔に出さないという。
主人公の女の子は気づかないままラブレターの書き方をレクチャーしますが……

読後はきっとニヤニヤしてしまうお話です。

★★★ Excellent!!!

読み終えた後の無邪気な男の笑顔と頬を赤らめて慌てふためく女の子の顔が目に浮かぶようです。
いいですね、こういう展開。好きな人、多いんじゃないかなと思います。
短編にレビューであれこれ語るのも無粋ですね。まずは読んで、胸キュンを味わってください

★★★ Excellent!!!

年下の幼馴染にラブレターの書き方を教えて欲しいと頼まれた。
恋愛小説を書くことが趣味な私が可愛い幼馴染の為に一肌脱ぎましょう! というお話。

この光太郎くんの喋り口調も真面目なところも本当に可愛くて。
青臭く、初々しく、だから可愛い様子がコミカルに綴られています。
読了後もほんわかニコニコしてしまう、これ以上ないラブレターでした。

★★★ Excellent!!!

弟くんが文章力に長けたお姉ちゃんにラブレターのコツを教わるといった内容ですが…いやぁ、実に微笑ましい。
お読み頂ければ分かるとは思いますが、何でしょう……初々しいと言いましょうか、温かみを感じる癒し系短編恋愛小説とでも申しましょうか?
姉弟のやり取り、そして結末。どれを取ってもほんわかとさせてくれますね。
ご馳走様でした(笑)

★★★ Excellent!!!

弟みたいな幼馴染がやってくる。ラブレターを書くから手伝って欲しいという。その時点で、読者は絶対に「あー」と思うはずなのだ。「あーるほど?」と。
それが「ああああああああ!」と変わるのは、二人の会話が可愛らしくもコミカルで、そしていつの間にかキュンキュンさせられてしまうからだ。

きゅんきゅんはあちらこちらに転がっている。なぜか憎めない鈍感ヒロインの周りにも。困ってしまう。ニヨニヨしちゃうじゃないか。