一編集者の思い

作者 @BlackJohn

143

56人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

カクヨムなどのサイトを利用する私達、いわゆる物書き志望者達にとっては、身に染みる評論でした。

自分が何のために書いているのか、なぜライトノベルの分野に踏み出そうとしているのか、そしてこの先の出版会の中で自分が一般文芸やライトノベルに対してどんな姿勢で取り組めばいいのか、色々と考えさせられました。

そして、この考えは、これから物語を書き続ける限り問われ続けるテーゼであるとも思っています。

★★★ Excellent!!!

――

私の世代でも、「ラノベから入った」という方は多いように見える。
漫画より敷居が高く、評価も難しく、好みも分かれ、一存で良作・駄作は決められない。実は「産みの苦しみ」より「育てる苦しみ」の方が100倍ぐらいキツいのだ。
それを「何の罰ゲームですか」と思わない筆者の作家・作品に寄り添う深い愛。是非、カクヨム以外の作家さんにも読んでいただきたい、と切に願います。

★★★ Excellent!!!

――

大学の2年先輩が在学中に賞を取ってラノベデビューしたけど、それから音沙汰がなかった。しばらくしたら、わたしと一緒に就活してた。二作目どころか、続きもうまくいかなかったそうです。華やかだけど、色々あって、大変な世界なんだなあとよくわかる裏方からの切実なお話です。これからプロを目指す方々には参考になるのではないかと思います。

★★★ Excellent!!!

――

出版不況というやつに、僕らができることなんて、高が知れている。
だけど、僕は紙に印刷された本が好きだ。
紙を捲って活字から現れる景色を堪能する、あの幸せのためなら、単行本だろうと時に複数冊、鞄に入れることだってある。
何かにつけて、本屋に立ち寄る。昨日見たばかりなのに、また今日もズラリと並んだ本を眺める。
今まで知らなかった、面白い作家さんを見付けた時の嬉しさ。
誰かに教えたくなる興奮。
小説が好きだから、ここで「書く」し「読む」のだ。
ここは無料で利用させてもらっている。
お世話になっている出版業界に少し還元しようじゃないか。
だから、さあ、本を買いに行こう。

★★ Very Good!!

――

>言い出すと思いの外多くの典型的パターンがあり、逆に考えると
ライトノベルほどルールに縛られた分野はないとすら言える。

この書き込みに唸りました。仰る通り、あえて「そのようなもの」
に落とし込んでいる作品が散見されます。作家自身の表現なのかと
首を傾げたくなるものも。

表題の件ですが、本当に大きかったのかどうか、それは誰にも
分からないわけで。

まとまった活字というものに対しての敷居を下げるという意味で、
ライトノベルは意義があるように思います。ただ自分にとって
素晴らしい作品に出会えなければ「こんなものか」で離れて
しまうような。現在は数が増えすぎて、そういった作品に出会い
にくくなってしまっている気がします。

良い作品が埋もれてしまうのは歯がゆいものです。

★★★ Excellent!!!

――

編集者の創作論です。

自身の仕事を鑑みて見えるもの、それは流行を追い過ぎて本質を見失っているのではないか、ということです。

僕はライトノベルをそこまで読む方ではないので、時代の流れはそこまで詳しくないですが(ライトノベルを含むアニメなどは第一話を一通りみる)、筆者のように、日本独自の文化が変わってきている、と考えています。

文章には、エンターテイメント性と文芸という二つの方向性があります。

どちらも含む文章もあれば、片方に秀でた作品もあります。

何をもっていいとするかは個人の判断ですが、僕はまず個人が感じたことをありのまま表現したらいいのでは、と思っています。

先を見過ぎると今が見えなくなる、もちろん方向性は必要ですが、まずは読者の期待を裏切らないこと、それこそが物書きと必要な素質ではないでしょうか。

とても考えさせられました、勉強になりました、ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

――

>自分の好きなものこそが一番だと勘違いすることだ。

この一文に尽きると思うのですが、僕自身、つい最近までこの失敗をしていて、今ももしかしたら形を変えて失敗しているかも知れず、僕は年齢的に間に合わないかもしれないけれども、本文を読む聡明な若者、未来の作家には同じ間違いをしないでほしいと願います。

世の中に面白い本って、いっぱいあるんですね。

★★★ Excellent!!!

――

 出版社の事情みたいなことは知らないので、なるほどと思いました。

 べつの場所で元ライトノベル作家の方も編集部に対して書かれていましたが、「ライトノベル読者を舐めるな」と。

 思うに、ライトノベル編集部の方々も、ライトノベルのどこが面白いか分からないのではないでしょうか? 分からないけど、売れる。
 売れるものが増えるのは市場原理。

 ぼくの知り合いにもライトノベルしか読まない人がいます。いろいろ話を聞いていて、「ああ、彼は小説の本当の面白さを知らないんだなぁ」とは感じましたが、本人がそれで楽しいならいいんじゃないでしょうか? これ重要だと思います。

 別の知り合いはこうも言いました。そいつ、オタクなんですが、別のオタクを批判して、痛烈に。
「あいつらにとっては、オ〇ニーが本番S〇Xだから!」

 どんなものでも、深く知れば知るほど、高い快感が得られます。格闘ゲームを本当に楽しもうと思ったら、高い格闘ゲームスキルが必要です。


 小説も同じ。至高の恍惚感を得るには、高いレベルの作品と、それを感じる高いレベルの読解力が要求されます。
 読者と作者と出版社。この三つ巴の低レベル化を誰が止めるのか? あるいは、そんな必要ないのか?
 考えさせられるつぶやきでした。

★★ Very Good!!

――

この中に書かれている事は、多くの知識人が多方面から書きたてている。アメリカの二極化した貧富の差は今や娯楽方面にまで及び、高給取りは教育特化な番組を観て、労働者層は低俗番組を観るという、趣向の二極化にまで及んでいるという話だ。作り手側も売る為に良質な番組は上層にのみ提供し、下層にはお茶を濁した番組ばかりを提供するようになっているという。そんな社会がいずれ日本にもやってくるだろう。分断され、見下されるだろう側の人々に危機感がないのだから。

★★★ Excellent!!!

――

確かに、ライトノベルはどの作品を読んでも同じにしか思えません。
中にはライトノベルの中にも時として素晴らしい着眼点の作品も存在します。ですが、実状としてはその着眼点を掘り下げる努力をした作品というよりは『ライトノベル』として売れる作品にするためにせっかくの設定も台無しになってしまっているものが多いように感じます。
特に最近の作品はヒドイ……
ですが結果として、そういった作品が求められる世界で書く側としてはどうしてもそういう作品に近づけなければ新人賞をとることは難しいレーベルがほとんどですし、一般文芸においてでは受賞したところでまるで売れない世界です。いや、それどころか最近では一般文芸でも作品の質を無視した売れるためだけの戦略に傾倒しているように思えます。
この業界を救う何かいい方法があればいいとは思うのですが……