8・信夫は翼を手にいれた

 空き巣との待ち合わせまで、タイムリミットはあと6分。限界の三倍の力を出せばきっと間に合う。

 信夫は外階段を三段飛ばしで駆け下りた。スピードに乗って体を反転させた直後、後頭部に衝撃が走った。

 吐き気を堪えながら顔を上げると、赤モグラが真っ赤な金属バッドを振り下ろすところだった。

(1万ルピアがばれたのか――)

 薄れゆく意識の中で信夫は薄く舌打ちをした。赤モグラのダミ声がぼんやりと響く。

「衣笠のサインボールはどこじゃ。さっきまで間違いなくあったんじゃ!」

(そっちかよ……)

 これが今市信夫、人生最後の辞世のツッコミとなりそうだった。

 地面に突っ伏した信夫の思考が、うまく風を捉えてまっすぐに飛んでいく。同じ台詞を繰り返しながらぐんぐんとスピードを上げていく。

「ごめん、待った?」

 このペースで行けばきっと待ち合わせには間に合うだろう。


 寿荘から出てすぐの空き地で人知れず鈍く輝くものがある。それが未使用の合鍵であることが判明するのはもう少し先の話だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

そのとき合鍵が渡せた 大橋慶三 @keizo

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

なるべく多くの人に読んでもらいたいとの思いから、参加いたしました! 創作作業って、孤独っすよねー。 とある賞をいただき、出版させてもらった経験はありますので、それなりのなにかは持っているのではない…もっと見る

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!