とある作家の創作戦訓

作者 ながやん

318

114人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

私は過去、類似している失敗談をいくつか見てきました。
マイナスな話である以上、仕方の無い事でもありますが、その手の談では大抵誰かのせいだと嘆いて客観性に欠けるものばかりです。
しかし守さんの物は、実際にどうであったのかがよく記されています。

考え方が違いすぎて共感はできません。全てが役に立つ情報だとも言いません。ですが守さんの前向きな思考はよく伝わりました。随所で悔しさとやるせなさも感じました。

客観的であり主観的でもあり、大変ためになる随筆だと思います。

頑張れとも報われるとも言いません。しかしいつかまた守さんの本が世に出たら、その時は手に取りたいと思います。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

私は「目指してないのに拾われちゃった」組なので、また微妙に立場が違ったり、プロになるために日々精進している人に比べて危機感がないというかのんびりしているというか、ちょっと温度差があったりもするのですが、一度本が出てしまった以上「プロ」と言われてしまうという意味では同じ恐怖に立たされていると言っても過言ではありません。

その上でこれを読んで思った事。
「ああ、自分はなんて恵まれているんだろう」
担当さんも「褒めて伸ばす」タイプの方だったし、絵師さんも期待以上のものを仕上げてくださった。

でも、そんなのはごく稀なことなのかもしれない。
もんんんのすごいラッキーだったのかもしれない。
思い通りに書かせて貰えなかったり、イラストを基準にストーリーを書き直さなきゃならないなんて、初めて聞いた!
こんなことが普通にあるんだなぁ……と驚きました。

我こそは豆腐メンタルだ!と胸を張って言える人ほど、これを読むべきだと思います。対処法、書いてあります。

★★★ Excellent!!!

――

 へえ、デビュー作家さんのエッセイか。なんとなく読んでみよう、というのが始まりでした。
 書かれているのはリアルな数字、人間関係、そして精神状態。ここまで真に迫ったエッセイを読んだのは初めてです。
 作家業はまさしく戦争。手に取る本の一冊一冊に、壮絶なドラマが存在することを、改めて思い知らされました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

プロ作家として暮らしていたからこその実体験が豊富に詰まっている、大変素晴らしいエッセイです。

これからプロ作家を目指そうという方、またはプロ作家の暮らしぶりがどんな物なのかを知りたい方は必読です。興味深いお話が沢山詰まっていて、為になる事は確実です。お薦めです!