エデンの箱庭で

作者 誠澄セイル

この初々しい二人を、観察している気分になれる!!【大作★4】

  • ★★★ Excellent!!!

いやぁ、してやられました(笑)これは間違いなく大作ですね。
というのは、読み始めはもちろん読者として《小説を読む》感覚なのですが、物語が進むにつれて段々とその感覚が変わっていくんです。つまりは《観察している》感覚になるんです。読者に一度その感覚へ昇華させた時点でこの物語は読者の心を掴んだも同然。ただでさえ新たなアダムとイヴはとても初々しいのに、その二人の様子がこっそり覗けてしまったら? はい、最後まで読みたくなるわけです。これは中毒性ありますね、ひょっとしてプロの方でしょうか?(笑)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

最新鋭UFOさんの他のおすすめレビュー 64